第1章 減らず口のミステリ

ミステリ、昔で言う推理小説・探偵小説の類をよく読んでいるかと聞かれると、僕の答えはノーということになるだろう。特定の作家の特定のシリーズしか読んでいないからだ。

考えてみれば、多分僕はミステリそのものが好きだと言う訳ではないのだろう。実際、読んでいても誰が犯人だろうかなんてあまり考えてもいない。トリックやアリバイ工作や名探偵による謎解きにもあまり興味がない。むしろトリックや謎解きが前面に出過ぎると、読んでいて嫌になってしまう。

だからかどうか、ミステリというジャンルはとりあえずアガサ・クリスティから読み始めたのだが、なかなかもう1冊読もうという気にはならない。残念ながら僕にとっては、ポアロというのは魅力的なキャラクターではなかったようだ。

そういうことだから、この文章がもしかしたら参考になるかと思って読み始めた「本格ミステリ・ファン」の方は、この辺で読むのをお止めいただいたほうが良いだろう。

僕が好きなのは登場人物が魅力的で、生き生きとした会話が交わされるシリーズである。

だが、そういうシリーズにはそう頻繁には出会えない。当たり前かもしれないが、どうしても犯罪や捜査の仕掛けのほうが評価の対象になっているからだろう。

「結局のところ、面白いミステリというものは成立し得ないのだろうか?」などと思えてきてちょっと糞詰まり状態になっている時に、友人の野原君に紹介されたのがクレイグ・ライスだった。

「やまえー氏ならきっと嵌まりますよ」と言われて、全くその通りになってしまったのである。

ライスにはハンサム&ビンゴのシリーズもあるが、僕が嵌まったのは小男の弁護士ジョン・J・マローンのシリーズである。

酔いどれ弁護士のマローン、大富豪の実業家ヘレン&ジェイク・ジャスタス夫妻(シリーズ開始当初はまだ結婚してなかったし、少なくともジェイクはただの貧乏人だったけど)の3人を主人公にしたこのシリーズは、とにかくアメリカン・ジョークが散りばめられ、洒落た会話に溢れている。アメリカン・ジョークとか洒落た会話とか言うものの内実はほとんどが「減らず口」である。僕もこういう当意即妙の返し方をしたいものだと常々思っている。

トリックとか謎解きなどは割合いい加減で、時にはマローンが嘘の証言をして可愛そうな真犯人を無罪にしてしまうなどけっこうテキトーなミステリである。しかし、この3人のほかにも、被害妄想気味の警部ダニエル・フォン・フラナガンやシティ・ホール・バーのマスターの「天使のジョー」、その弟(いとこだったかな?)で葬儀屋のリコ・デ・アンジェロなど、登場人物の一人ひとりがやたらと生き生きしていて楽しいのである。およそ半世紀前の作品だが、それは全くマイナスにはなっていない。

野原君は「会話が大人だ」と言ったけれど、このニュアンスは読んでもらわないときっと解らないだろうなと思う。

なお、マローンものの長編一覧は下記のとおりである

  1. 『時計は3時に止まる』(別題『マローン売り出す』 Eight Faces at Three)
  2. 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out)
  3. 『大はずれ殺人事件』(The Wrong Murder)
  4. 『大あたり殺人事件』(The Right Murder)
  5. 『暴徒裁判』(Trial by Fury)
  6. 『こびと殺人事件』(The Big Midget Murders)
  7. 『素晴らしき犯罪』(Having Wonderful Crime)
  8. 『幸運な死体』(The Lucky Stiff)
  9. 『第四の郵便配達夫』(The Fourth Postman)
  10. 『わが王国は霊柩車』(My KIngdom for a Hearse)
  11. 『マローン御難』(Nocked for a Loop)

それ以外に『マローン殺し』と題した短編集が出ている(日本では山田順子訳、創元推理文庫)。そこには下記の10編の短編が収められている(なお、ライスが発表したマローンものはこれ以外にもたくさんある)。

  1. 『マローン殺し』(The Murder of Mr. Malone)
  2. 『邪悪の涙』(The Tears of Evil)
  3. 『胸が張り裂ける』(His Heart Could Break)
  4. 『永遠にさよなら』(Good-Bye Forever)
  5. 『そして鳥は歌い続ける』(And the Bird Still Sing)
  6. 『彼は家へ帰れない』(He Never Went Home)
  7. 『恐ろしき哉、人生』(Life Can Be Horrible)
  8. 『さよなら、グッドバイ!』(Good-bye, Good-Bye)
  9. 『不運なブラッドリー』(The Bad Luck Murders)
  10. 『恐怖の果て』(The End of Fear)

そして、同じテーストのユーモア溢れる本格ミステリに最近再び出会った。それはハーラン・コーベン作によるマイロン・ボライターとウィンザー・ホーン・ロックウッド3世(通称ウィン)のシリーズである。

マイロンとウィンは大学の同級生で、バスケットのスターだったマイロンはドラフトで指名されてプロへの道を進むが、すぐに怪我をして引退。その後2人はFBIの捜査官を勤めた後、マイロンはスポーツ・エージェントに、ウィンは家業をついで全米を代表する巨大会計事務所を経営している。

ここまで読むとハードボイルドかと思ってしまうが、この2人が実は猛烈なテレビ番組オタクだったりする設定が面白い。繊細なマイロンに対して、ウィンは「優しさ」とか「暖かさ」とかいう心情的なものを全く理解せず、金にものを言わせ、奔放なセックスをし、人を平気でぶっ殺す。ところがマイロンとの間には不思議に強固な友情がある。この辺りも面白い。そういう奴だからこそ、マイロンが窮地に陥った時には大変頼りになるのである。

またマイロンの事務所の2人の従業員(うちひとりは後に共同経営者になる)が、女子プロレスの元世界タッグ・チャンピオンだというのもナイスな設定である。

こちらのシリーズの会話もまた絶妙な「減らず口」オン・パレードで相当に楽しめるのである。人物も皆キャラクターに溢れ非常に生き生きとしている。ミステリとしての仕掛けもライスよりはるかに精緻だ。

なお、シリーズ第1作は「沈黙のメッセージ」( DEAL BREAKER )。このシリーズはまだ継続中で日本では現在6冊出版されている。

わずか2シリーズについて書くだけで、こんなにスペースを費やしてしまったので、この続きについては次章に繰り越すことにしたい。

Copyright©yama-a Mar.2001mark

目次へ 次章へ 前章へ

【追記】

この文章を書いている時にちょうどハーラン・コーベンのパーフェクト・ゲーム(THE FINAL DETAIL)を読んでいたのだが、巻末についている解説のタイトルが「へらず口ヒーロー」となっているではないか。

「くそっ、先に書かれた」という感じもあり、「でも誰が銘打つとしてもこうなるよな」との思いもあって、ま、いいか。


クレイグ・ライスの既読作品&書評(ブログ掲載分)

ハーラン・コーベンの既読作品&書評(ブログ掲載分)