第2章 エンタテインメントの大家たち

ハードボイルドの大家と言えばレイモンド・チャンドラーだろう。僕はこういう古典的なものも読んでいる。フィリップ・マーロウを主人公とする長編については全て読破した。これほど偉大なシリーズについては僕が論評を加えても仕方がないと思うのでこれ以上は書かない。

同じハードボイルド系の作家でウィリアム・G・タプリーというアメリカ人がいる。

この人、本国ではロバート・B・パーカーと人気を二分する作家だと言われているのだが、日本では今ひとつ人気が出ない。弁護士ブレイディ・コインを主人公とするシリーズの翻訳は、初めサンケイ文庫から3冊、続いて扶桑社ミステリから8冊出たところでピタリと止まってしまった。

販売状況が悪くなると生産が止まるのは資本主義社会に特徴的な現象だけれど、僕のようなややマイナー狙いの人間は資本主義と却々折合いがつかない。日本ではマイナーであっても米国では大メジャーだと聞くだけに非常に悔しい気がする。

このシリーズの主人公であるコイン弁護士は、普段は専ら大金持ちの資産管理を生業としている。インテリである。そして、暴力に対しては極めてヤワである。力の強い奴や武器を持った相手にあっけなくやられてしまう。この辺りがこの人物の魅力である。

人物描写も含めて、文章は非常に抑制が効いている。そしてテーマも深い。

でも、こんなすばらしい本が、日本資本主義の前では手も足も出ずに葬られてしまうのである。なんだか、主人公のコインに通じるようで裏悲しい気さえしてしまうのである。

ミステリでは何冊か読んだ作家は他にもいるが、ずっと読み続けている作家はいない。

サラ・パレツキーという女流作家がV・I・ウォーショースキーという女流探偵を主人公としたシリーズを書いていて、これは結構魅力的なキャラクターである。ただ、僕が第1作を読んだ時点で、このシリーズはもう何冊にも膨れ上がっており、結局それ以上読み進める気になれず挫けてしまった。やはり、新刊が出るのを待って1冊ずつ楽しみにして読んで行くのが、シリーズ読破の秘訣である。

女流作家の女流探偵と言えば、リンダ・ラ・プラント作のロレイン・ペイジものも読んだが、「アルコール依存症の元婦人警官」という設定だけで何作も引っ張って行くのは無理があるように思う。

シリーズではないが、ロバート・ゴダードやトーマス・H・クックなんかも非常に力のある作家だとは思うが、僕の趣味じゃないのでこの際パスしておく。

エンタテインメント系の文学にはもうひとつモダン・ホラーという大きなジャンルがある。

モダン・ホラーと言えばスティーブン・キングだろう。実はあまり読んでいない。最初に読んだ作品が怖すぎたのだ。

独身時代に、ある女性の友人(それ以上の関係ではない)に薦められて「ペット・セマタリー」を読んだのが最初だった。

読み終えた時のあの戦慄は未だに忘れられない。すでにかなりの深夜であったが、あまりに怖いので誰かと会話せずにはおれず(当時独り暮しだったので)、結局薦めてくれた彼女を電話で叩き起こして、「よくもこんな作品を教えてくれたな」と非難した覚えがある。もう、この作家のものは2度と読むまいと固く心に誓ったのだった。

キングに続く作家のひとりとしてディーン・クーンツがいる。この人のものはたくさん読んだ。実に面白い。

ただ、読めば読むほど、根底に流れるテーマの同一性に気づいて飽きてしまう。「ストレンジャーズ」と「ウォッチャーズ」を読めばそれで充分という気もする。でも、他の作品も読めばやっぱり面白い。残念なことに悪名高い「超訳」がこの人の翻訳権を獲得してしまったので、その時点で読むのをやめた。

クーンツほどの多作ではないが、ロバート・R・マキャモンも怖いし、巧い。全部面白い。

この人、最初は結構キワモノ的な作風だったが、1作ごとに「練れてきた」感じが増し、とうとう「脱ホラー作家宣言」をしてしまった。

ということで、この文章もそろそろ脱ホラー宣言をして、次章では純文学を扱うことにする。
(フィリップ・K・ディックに触れられなかったのはやや心残りであるが…)

Copyright©yama-a Apr.2001mark

目次へ 次章へ 前章へ