第4章 魔法と神聖

前章で取り上げたサリンジャーに感化された作家は多い。また、サリンジャーを扱った書物も多い。そして、サリンジャー自身が登場する小説がある。

W・P・キンセラの「シューレス・ジョー」 ( Shoeless Joe ) がそれである。

そう聞いて分らない人には、映画「フィールド・オブ・ドリームズ」の原作だと言えば、「ああ、それか」と思ってもらえるかもしれない。

映画の中では残念ながら(何かクリアできない問題があったからなのだろうが)、別名の黒人作家に変えられていたけれど、原作ではユダヤ人作家ジェローム・デイビッド・サリンジャーその人が他の作中人物に混じって登場する。

筆を折って隠遁生活を送っているJDSが、子供の頃から親しんできた野球の魅力を忘れられずに、再び球場に姿を現わすまでの物語----この小説はほとんどサリンジャーが主人公であるといっても過言ではない。
一方で、別の見方をすれば、主人公なんて誰もいない、野球そのものがこの物語の主人公なのだとも言える。

日本のプロ野球と米国のプロ野球はどこか違う。根本的に、決定的に違う部分がある。そのことは、アメリカ合衆国に行ってナイトゲームを1試合見れば簡単に判る。
僕自身もドジャースタジアムに一歩足を踏み入れた途端にそう感じた。

そこには魔法のような雰囲気がある。マジックである。

ちょうど日本人にとって相撲が神聖であるように(あるいは、かつて神聖であったように)、アメリカ人にとって野球は魔法なのだと思う。

どちらもともに(日本と米国の)国技であるが、一般の人間は「神聖」には容易に近づくことも触れることもできない(未だに女性は土俵に上がることさえ許されない)。一方、我々は「魔法」には知らないうちにかかってしまう。

神聖は人を近づけないもの。魔法は人を魅するもの。
人は神聖の前にひれ伏し、魔法の中で陶酔する。

W・P・キンセラはそのことを大変良く知っている。そして彼は、どの作品の中でも、その野球の魔法(マジック)をまるで世界一般に拡散させるみたいにして、ストーリーを織りなして行く。そして奇跡のような小説が編み出されるのである。

残念ながら、野球に全く興味のない人にはお薦めできない小説家なのかもしれない。

そういう人には、彼の小説の中で「野球もの」と並ぶ、もうひとつのシリーズである「カナダ・インディアン(今はネイティブ・カナディアンと言うべきだが)もの」を読んでもらいたい。
「ダンス・ミー・アウトサイド」などという、タイトルを見ただけで面白い短編集が出ている(さすがにこの英語は訳し切れなかったみたいで、そのままカタカナのタイトルになっている)。

それも嫌だと言われるのなら、まあ、日本の相撲小説でも探してもらいましょう。

ところで、先日キンセラの最新刊「魔法の時刻」 ( Magic Time ) を読んでいたら、グサッと来る台詞にぶつかった。本筋とは全く関係のないところなのだが、胸に突き刺さってどうにもこうにも抜けないので、ここで引用しておく。

「君も分らない男だな。ここは日本とは違う。メンツを失うなんて大したことじゃないだろう」
(十束知佐・訳 東京学参・刊行 2000年12月8日 第1版第1刷)

ここにもアメリカと日本の根本的な違いがあった。
だから日本ではマジックは育たないのかもしれない。

今回はここまで。

Copyright©yama-a May.2001mark

目次へ 次章へ 前章へ