第5章 人生は長い。だから面白い。

映画と、その映画の原作となった小説のどちらを先に見る(読む)かといえば、僕の場合はほぼ間違いなく原作だ。

映画は映像なのでイメージが鮮明すぎて、それゆえ限定的になってしまう。

どうしても映画と小説の両方を体験したいと言うのであれば、まず小説を読んで、自分なりのふんわりした印象を形作った後で映画を見るのが良いだろう。

どちらを先にしても、「どうもイメージが違うなあ」と思うことはあるだろう。ただ、与えるイメージの広さ、と言うか融通無碍さは、小説の方が映画より遥かに大きいから、まず大きな的を狙ってから小さな的に移った方が良いと思う。

もとより映画製作者もまず原作を読んでから脚本や撮影に取りかかっているはずだから、論理の流れとしても、この順番の方が順当だろう(もっとも、最近は映画が先で、それを「ノベライズ」するというケースもあるようだが、それには僕はあまり興味が持てない)。

という訳で、「ホテル・ニューハンプシャー」は映画を先に見てしまったので原作は読んでいない。
映画「サイモン・バーチ」の時には見るのをぐっとこらえて、「オウエンのために祈りを」の翻訳本が出るのを待って読んだ。

ここまで読んで、判る人には判ったと思うが、今回取り上げるのはジョン・アーヴィングである。

アーヴィングの作品を最初に読んだのは、彼の処女作である「熊を放つ」だった。

なぜ読んだかというと村上春樹が訳していたからに他ならない。村上春樹がこの小説を(もちろん原文で)読んだのは、ペーパーバックの裏表紙にカート・ヴォネガット・ジュニアの推薦文が印刷されていたからだそうだ。読書というのは、時にこのような繋がりを見せる(「好きな作家繋がり」と僕は呼んでいる)。

「熊を放つ」には正直言って、「整理されていない完成度の低い小説だなあ」と思った。

そのあと映画「ホテル・ニューハンプシャー」を見た。面白かった。そして、ここにもまた熊が登場していることに興味を抱いた。

そのあと「ガープの世界」を読んだ。これが決定的だった。面白いの何の!
「すごい!」と思った。

小説の中で主人公のガープが書いた「ベンセンヘイバーの世界」という作中小説が出てくるのだが、これがまたやたら面白い。しかも、「ガープの世界」の中で、その「ベンセンヘイバーの世界」は大評判のベストセラーになるのである。そういう筋立ての中で如何にも大評判になりそうな小説をちゃんと書いてしまうアーヴィングという人は一体何者なのだろうと思った。

アーヴィングの特徴は、どの作品も主人公のほぼ一生に渡る長い物語を書いていることである。そして、この長さが(もちろん長さだけではないのだが)面白さの源なのである。ちまちました「一瞬の心の移ろい」みたいなことを引き伸ばして書いてある安物の短編小説とは決定的に違う。

僕があまり短編小説を読まなくなったのはアーヴィングを知ってしまったからではないかと思うくらいである。

「ガープの世界」は映画も見た。こちらも大ヒットになった。結局それからずっと、「ホテル・ニューハンプシャー」以外の全ての小説を、僕は読んでいる。いずれも抜群に面白いし、読み応えがある。

人間は長い時間のスパンに思いを馳せるべきなのだ、というのが、僕がアーヴィングから学んだ教訓である。

Copyright©yama-a May.2001mark

目次へ 次章へ 前章へ

【追記】

原作を先に読むために映画館では見なかった「サイモン・バーチ」をWOWOWで見た。何と薄っぺらな物語だろう!

製作者はきっとこの長い物語を2時間の映画に収めるのは無理だと判断したに違いない。それで主人公の幼少期から晩年に至るストーリーを少年期でチョン切った訳だ。ところが、サイモンが英雄になって死ななければ物語は完結しない。それで途中から原作を大きく捻じ曲げて無理やり終わらせるという暴挙に出たのだ。

オウエン・ミーニーという登場人物の名前をサイモン・バーチに変えたのは、製作者の罪の意識の表れなのかもしれない。

それに比べて、アーヴィング自身が脚本を担当して自らエピソードを刈り込んで作り上げた「サイダーハウス・ルール」の何と素晴らしかったことか!

映画「サイモン・バーチ」を見てつまらなかった人は是非原作を読んでみるべきだと思う。


ジョン・アーヴィング作品への書評(ブログ掲載分)