第6章 繋がって広がる

第4章と第5章では、小説から映画へと進む例を挙げた。それが僕の言わばお決まりのコースだ。 だが、逆のコースもあるにはある。

ポール・オースターの作品を初めて読んだのは、本の発行日から見て多分1989年のことだ。当時アメリカの新進気鋭の作家たちを何人かまとめて読んだ記憶があり、その中のひとりだった。

読んだのは所謂ニューヨーク3部作の初編である「シティ・オヴ・グラス」だったが、どんな本だったか記憶がない。あまり評価できなかったことだけは確かだ。もっと言えば、この時に読んだ現代米国の作家たちについては、誰に対しても興味が沸かず、感心もしなかった。

そのまま行けば多分この本は早晩捨てられて、僕の本棚から消えうせる運命にあっただろう。

ところが、その6年後、1995年の11月3日に映画「スモーク」を見た。監督はウェイン・ワン、主演はハーヴェイ・カイテルで、原作となっているのはオースターの小説だった。

とても面白かった。でも、「おかしいぞ」という思いもあった。

オースターの小説は確か1冊読んだはずだが、こんなに面白くはなかった。
映画がこんなに面白いなんて、おかしいぞ。

帰宅して調べてみたら、「シティ・オヴ・グラス」は辛うじて本棚の隅で生き長らえていた。読みなおす気にはならなかったが、結局これを契機に他の作品を読み始めた。すると、いつの間にかやめられなくなって、今では8冊の著書が本棚のスペースを占めている。

「スモーク」を見ることがなかったなら、恐らく2度と手に取ることのない作家だっただろう。
そして、映画「ルル・オン・ザ・ブリッジ」も(WOWOWで)見た。

彼の作品は、古いものほど観念的で抽象的だ。平たく言うと「解りにくい」。もともと結構不思議なトーンの物語が多いので、あまり観念的になるとこちらも読みづらい訳だ。ただ、近年の作品では、具体的な要素(設定)を非常に効果的にバランスよく配しているので、ごく大雑把に言って、新しい作品ほど面白いような気がする。

読むと胸がキュッと締めつけられる思いがする。いまどきそんな思いをさせてくれる作品は数少ないと思う。

ところで、今本棚を眺めていて気づいたのだが、我が家にある8冊のオースター作品のうち、「シティ・オヴ・グラス」を除く7冊が柴田元幸の訳だ。

かの有名なさとなお氏も「柴田元幸にハズレなし」と書いておられたが、僕も柴田元幸・訳のアメリカの小説は非常にたくさん読んでおり、全く同感である。彼の訳したものに、と言うか、彼が訳してみようと選んだ小説に面白くないものは1篇もなかった。

ひょっとして、「シティ・オヴ・グラス」は訳が悪かったのかなあ、という気もしている。他のところにも書いたけれど、だいたい原題をカタカナのまま邦題にしている辺りは感心できない。

柴田元幸を知ったのは、村上春樹や川本三郎との共訳「and other stories」だから、これも僕にとっては、前に述べた「好きな作家繋がり」である。

そして、その柴田元幸は、これまた僕がもう四半世紀も聴き続けているムーンライダーズのベーシスト・鈴木博文と高校の同級生だそうで、変なところで映画と小説と音楽が繋がってきた。

話がどんどん逸れて行っているが、趣味というのは本来そういう風に繋がって広がって行く面があるのである。

そして、繋がって広がることこそが読書の醍醐味であるような気がする。

映画「サイモン・バーチ」を見てつまらなかった人は是非原作を読んでみるべきだと思う。

Copyright©yama-a Jun.2001mark


ポール・オースター作品への書評(ブログ掲載分)

目次へ 次章へ 前章へ