第7章 不思議な深いイタリアの味

この文章では、僕の本棚に並んでいる(またはかつて並んでいた)作家を順番に取り上げてきた。3冊以上の著作が並んでいるか、またはかつて並んでいた作家というのを一応の基準にしているのだが、「並んでいた」ほうについては忘れてしまって思い出せない作家も何人かあるだろう。

そして、忘れてしまった作家は別として、ここまで書いてきて外国文学の作家については残りが少なくなってきた。僕もあまりたくさんの作家を追いかけている訳ではないということだ。

今までに触れなかった作家としては、ほかにまだF・スコット・フィッツジェラルドやエドガー・アラン・ポーがあるが、亡くなって久しい作家たちについてはここではあまり取り上げないことにしている。

となると、一体誰が残っているのかと本棚を眺め回してみると、変な奴が残っていた。

アントニオ・タブッキである。
イタリア人で、ポルトガル語で執筆したりもしている。

何故この人の本が4冊も本棚に並んでいるのか、我ながら首を傾げてしまう。正直言って、あまり面白い作家ではないのだ。

「ダマセーノ・モンテイロの失われた首」とか「供述によるとペレイラは…」など、タイトルだけ並べれば、まるでハラハラドキドキの大冒険推理活劇みたいに思えるのだが、読んでみるととんでもない。

ポストモダン小説とかメタフィクションとか言うらしい。

体をクネクネくねらせるばかりで全然前進しないヘビみたいに、ストーリーはうねるばかりで却々進んで行かない。あちこち飛んで繋がらない。それでもストーリーは最後には完結するかと言えば、必ずしもそうとも言えない。読んでいる途中で「何でこんなもの読んでいるのだろう?」と思ってしまうことさえあるのである。

それにもかかわらず、本屋で見つけたら買ってしまう。片っ端から買ってしまう訳ではなくて、手に取ってやめたものもたくさんあるのだが、それでも4冊も読んでしまった。

なんで何度も読んでしまうかと言うと、途轍もなく「深い」からだ。

その深さはある時は底なし沼のようでもあり、また濃霧のようでもあり、山の頂上から見下ろした谷底のようでもあり、どこまでも入れ子になったディレクトリ構造のようでもあり、電子顕微鏡で見た原子の世界であったりして、見えたり見えなかったりする深さなのだ。

読み終わって、作者が何を書きたかったのか解ったかと言われると、はなはだ自信がない。

けれど、何か深いものを読みたくなる時ってありませんか?
きっとそんな時、何故かいつもタブッキに出会ってしまうのだと思う。

読んで面白いという人もきっといるだろうし、「何が解らないの? テーマは明確じゃないか」という人もいると思う。評価の高い作家だし、興味があれば一度読んでほしい。

いずれにしても不思議な味がする。

不思議な後味を残したまま、次章からは日本の作家に移る。

Copyright©yama-a Jun.2001mark

目次へ 次章へ 前章へ