第13章 田口ランディと妻と僕との距離

田口ランディはという名前は妻に教えてもらった。彼女は早くから田口ランディのメールマガジンを購読していた。

妻は、「この人のものの感じ方は私と近いところがある」と言う。
「面白いから一度読んでみて」とも言う。

そう言われて彼女のメルマガを読んでみたのだが、僕にとっては、「何、それで終わり?」みたいな感じで、少しも面白くなかった。妻が何故この人の文章にそんなに惹かれるのか、単にそれだけが不思議だった。

そうこうしているうちに「コンセント」が刊行され、村上龍が「今年読んだ小説の中では間違いなく一番面白い」みたいなコメントをしたので、僕はもう一度気になり始めた。

で、買って読んだという訳だ。

今現在、僕の本棚に「コンセント」「アンテナ」「モザイク」と3冊並んで収まっているという事実を見れば、その時面白かったかどうかについては明らかだろう。短編集「縁切り神社」も少し離れた位置に立っている。

不思議なのは、いまだに田口ランディのメルマガを読みつづけている妻が、小説については読もうとしないことだ。

「コンセント」を読んで柳美里の「家族シネマ」を思い出した。
文章の巧さにかけては柳のほうが一枚上だろうが、受けた印象は近いものがあった。

ただし、柳美里(というより「家族シネマ」)ほどの嫌味がない。「コンセント」は「引きこもり」という反社会的な現象を扱っていて、しかも田口の兄をモデルにしているだけに非常に重苦しい。落ちこぼれた人間に目を向けてはいるが、決して優しいだけの目ではない。ただ、それでも彼女の視点は、世間に対する憎悪や嫌悪・絶望感というものとは少しずれているような気がした。

柳美里については1冊しか読んでいないので、僕に語る資格はないのだが、「一見柳美里に似ているようであって、遥かに柳美里を超えている作家」というのが僕の感じ方だった。

田口の小説を読んでいてもうひとつ感じるのは、彼女は基本的に短編作家なのではないかということである。

長編を読んでいても、「書き上げた短編小説をいくつか繋ぎ合わせて長編小説に仕立て上げているのではないか」と感じてしまうことがある。

そして、彼女は短編小説の時のほうが圧倒的に文章が斬れる。鮮やかな切れ味を示してくれる。 3作目の「モザイク」に至って、随分長編小説としてのまとまりが出てきたようにも思うが、それでも彼女の持ち味は、たとえ長編小説の中にあっても、あの一瞬の切れ味ではないかという気がする。

田口ランディの小説は面白い。ただ、いずれにしても彼女のものの感じ方は僕とは全く異質のものだと思う。

そう考えて行くと、妻が「この人のものの感じ方は私と近いところがある」と言うのが残された謎である。僕にはどこが近いのかよく解らない。

ただ、重ねて書くが、彼女の小説は僕にも面白いことだけは確かだ。

僕は田口ランディの小説を読むようにして、妻と接しているのかもしれない。

Copyright©yama-a Sep.2001mark

目次へ 次章へ 前章へ