第14章 設定のリアリズムと進行のリアリズム

◆ マークスの山

ミステリ、ホラー、SFなどのジャンルをひとまとめにして、(これまたいい加減な分類だと思うのだが)「エンタテインメント系文学」と称するならば、日本のエンタテインメント系文学については、僕の贔屓の作家は少ないようだ。

この連載コラムでは、僕の書庫に3冊以上(「3作」ではなく「3冊」以上)作品が並んでいる作家を対象としているが、今自分の本棚を見渡してみて、随分数が少ないなと思う。

外国ものについては第1章と第2章で書いたが、そこにはC・ライス、コーベン、チャンドラー、タプリー、キング、クーンツ、マキャモン、ゴダード、ディック、A・ライスと、10人の該当者がいる(その中には全く触れなかった作家もいるが)。

一方日本の作家で3冊以上並んでいるものと言えば、荒俣宏、鈴木光司、高村薫の3人しかいない。

まあ、ミステリは捨てられる可能性が高いので、「3冊以上読んだ作家」とするともう少し数も増えるだろうが、それは外国文学でも条件は同じである。

これは日本という環境の特殊性と言うべきか、あるいは単にイメージの問題なのかもしれないが、日本の場合、ただ私立探偵が出てきただけで白々しく嘘っぽくなってしまうという宿命がある。

そして、そういう僕の固定観念を破ってくれたのが高村薫の「マークスの山」だった。

他の日本の推理小説では、大体がスーパー・ヒーロー的な1人の探偵や刑事が出てきて事件を解決してしまう。せいぜいが年かさの刑事と若い刑事の2人組くらいのものである。

ところが、この「マークスの山」には一体何人の刑事が登場することだろう!

「はあ、本物の捜査というのはこういう風に行われているのか」
「ニュースなんかで捜査員何百人体制などと言っているのはこういうことなのか」

というような驚きがある。ミステリというよりもルポルタージュを読むような面白さがあった。

そして、これだけ多くの警察官が集まると、そこには競争や反目や足の引っ張り合いまであるのが当然で、ちゃんとそこまで描いてある。

合田雄一郎を主人公とする第2作「照柿」は何だか知らないがメロドラマになってしまったけれど、第3作「レディ・ジョーカー」がこれまたすごい!(皆知ってるだろうから詳しく書かない)

この人の書く対象はその時々でころころ変わるのに、その都度かなり深い知識を下敷きに書いているのが判る。

「一体どれほどの量の取材をしてから書き始められたのだろう!」と頭の下がる思いがする。 まるで12畳敷きの精巧なデザインのペルシャ絨毯を見せられたみたいで、「一体どこから手をつければこんなものが織り上がるのだろう?」とただただ感心するばかりである。

◆ 2つのリアリズム

リアルというのは必ずしも本当のことを書いているのではない。本当のことを書くことに重きを置けばそれはドキュメンタリになってしまう。あくまで「本当らしく見える」のがリアルなのである。

僕は作品を評価する時にそれほどリアリズムに拘泥する訳ではない。小説の世界が逐一現実世界に即していなければ気が済まないような読者ではないつもりだ。

僕が思うにリアリズムには2通りあって、設定のリアリズムと進行のリアリズムである。僕は特に設定のリアリズムにはこだわらない。

つまり、生まれながらにして他人の心を読める少年であろうと、常人の100倍の記憶力を持つ青年であろうと、どんなに変な設定の登場人物が出てこようとも、そんなことには全然気を取られることなく読み進んで行ける。

ただ、進行のリアリズムを大きく乱されるとさすがに読む気が失せてしまう。例えば、それまで普通の少年だった主人公が危機に瀕した途端に急に他人の心が読めるようになったり、100倍の記憶力を持つ青年が彼の先祖の記憶まで呼び起こしてしまうとか、そういうストーリー上のいい加減さである。

「おいおい、そういうシチュエーションでその人がそんなことするかよ。しかも、そういう風にやった結果そんなことになるかよ」という風に2つ重なってしまうともうダメである。

結局、進行のリアリズムを守れるかどうかは、人物をちゃんと描けているかどうかである場合も多い(これが映画の場合は、脚本の良し悪しだけではなく役者の演技力も関係してくる)。

こんなことを書いているのは、「高村薫は進行のリアリズムを全く乱すことがない」ということを言いたいのではない。むしろ逆だ。

高村は設定のリアリズムを完璧なまでに築き上げているので、仮に進行のリアリズムが乱れていたとしても全く目にもとまらないのである。

僕は高村薫がとりわけ人物を巧く描ける作家であるとも思っていない。ただ、綿密な調査と練り上げた構想に基づいて、ここまでリアルな設定をされると、もう何も言うことがなくなってしまうのである。

僕が大切に思うのは進行のリアリズムである。しかし、この人は設定のリアリズムで僕を虜にしてしまった。

Copyright©yama-a Sep.2001mark

[arrow ブログの関連記事1を読む]

[arrow ブログの関連記事2を読む]

目次へ 次章へ 前章へ