第15章 中島らもは臭わない!?

僕の本棚には中島らもの著書が2冊ある。もう少したくさん読んでいるはずなのだが、単なる勘違いなのか、それとも何冊か捨ててしまっていて思い出せないのかはっきりしない。

このコラムでは、僕が3冊以上保有している作家を取り扱っているので、本来なら中島らもは対象外である。ただ、そのうちの1冊「ガダラの豚」は、もし文庫本で持っていたら何冊にも分れる大著なので、まあいいか、という気持ちで取り上げてみた。

関西の人しか解らないかもしれないが、中島らもと言えば、「かねてつ」の変な漫画の広告を書いていた人、という印象がある。あるいは、朝日新聞に、本気なのか冗談なのか判らないような悩み相談コーナーを連載していた人、というイメージもある。

要するに胡散臭いのである。

彼自身「街を歩いていて警察に通報されたことが複数回ある」と認めている。関西地区では時々テレビやラジオに出演しているので、あの怪しげな風貌(特に目がイッてしまってる!)や怪しげな喋り方を知っている人もいるだろう。

ただ、外見とは裏腹に、彼の書いた小説は普通に面白い。

文章が巧い訳ではない、つまり、気の利いた表現を並べられる訳ではないし、常人を超えた洞察力を兼ね備えた作家という訳ではない。ただ、ストーリーを構成する力は充分にある。だから充分に面白い。

読んだ後圧倒的な感動が残る本ではないが、ちゃんと面白い。読む人の気をそらせない、優秀な作家だと思う。

この頃は辻仁成とかなかにし礼とか、もっと古くは林真理子とか落合恵子とか、異業種から転じて来た作家も多く、その人たちが結構活躍している。僕は、「ガダラの豚」を読んだ時、中島らもがその年の直木賞を取るのではないかと思った(が、取らなかった)。

でも、重ねて書くが、ちゃんと面白いのである。ちゃんとした人に見えない人の作品がちゃんと面白いところが、なんだか面白い。

さて、その中島らもが僕の隣に座ったことがある。

わかぎえふ作・演出の「お正月」という芝居を見に行った時、開演直前に中島らもが連れの女性を伴って現れ、何と僕の隣の席に就いたのである。

わかぎえふの芝居を中島らもが見に来ること自体は充分にありうる。でも、まさか隣に座るとは思わなかった。

横目で観察してみると、ひと言で言って、「アルコールと薬物との両方の依存症で、精神にも障害のある、ホームレスの、元左翼活動家」みたいなイメージである(「ひと言」ではないか?)
とにかく怪しい。

ただ、彼の名誉のために言うと、決して臭い匂いはしなかった。このことだけは読者の皆さんにお伝えしておこうと思う。

また、もちろん、書店で売っている彼の著書も決して臭くはないので、安心して買ってほしい。

Copyrightt©yama-a Oct.2001mark


[追記]

なんてことを書いていたら、大麻取締法違反で逮捕されちゃいました。なあんだ、大麻はホントにやってたんだ…。で、拘置所で22日間過ごして出てきた(執行猶予付き有罪)と思ったら、「牢屋でやせるダイエット」なんて本を出したりして、まあ、なんとも言いようのないオッサンであります。

Copyright©yama-a Sep.2003mark

目次へ 次章へ 前章へ