第16章 博物学者としての荒俣宏

荒俣宏と言えば何と言っても「帝都物語」だろう。彼にはシム・フースイのシリーズもあるが、全11篇に及ぶこの壮大なシリーズ(後から書き加えられた大東亜篇を加えると12になる)には及ばない感がある。

そもそも僕はこの手の話が大好きで、映画になった「帝都物語」も見た。映画で言えば、「陰陽師」の試写会にも行ったし、「孔雀王」も見た。僕が一番好きなのは、「孔雀王」の原作である荻野真の漫画「孔雀王」である。これほど面白く、完成された物語はないのではなかろうか?

「帝都物語」はその「孔雀王」に次ぐくらい面白かった。

ところで、僕が最初に知った荒俣宏は幻想文学の作家としてではなかった。

僕が最初に出会ったのは「理科系の文学誌」という本だった。これはもう「目からウロコ」の名著だった。「この博覧強記のオッサンは一体何者なのだろう?」と思った。

我々文系の人間は、たまに会社で理系の人間と喋って、新鮮な驚きを感じることがある。技術とか情報システムとかいうセクションに所属する彼らは、明らかに我々とは違う回路でものを考えているのである。

「理科系の文学誌」を読んだ時、それと同じようなカルチャー・ショックがあった。
タイトルは「理科系の文学誌」だが、読んでいる僕にとっては「文科系の科学誌」という感じがした。

ともかくそれは理系と文系の橋渡しをする書物だった。

それから暫く僕は彼の書物を読み漁った。
「目玉と脳の大冒険」、「開化異国(おつくに)助っ人奮戦記」、「ゴードン・スミスのニッポン仰天日記」、「大東亜科学奇譚」等々。

いずれも発想の転換を与えてくれる書物だった。

近年の彼の著書はいくらか趣味的な狭い世界に入りこんでいるような気がするが、上に挙げた時代のものはいずれも一本筋が通っていたように思う。それは信念に貫かれた博物学者の態度だった。

小説ばかり読み耽っていた僕が、時々理科系の書物にも手を出すようになったのは、紛れもなく彼のおかげである。

何でもかんでも徹底的に拾い集めてきて、それを見事に秩序立てて展開してくれる妙なオッサン──それが、僕にとっての荒俣宏である。

世界は明らかにこういう稀有な人物を必要としている。

Copyright©yama-a Oct.2001mark

目次へ 次章へ 前章へ