第17章 小説以外

そもそもこの章は小説以外の読み物、例えばエッセイなんかを取り上げる予定だった。しかし、自分でエッセイを書きながらこんなことを言うのは申し訳ないが、最近僕はエッセイはあまり読まない。特にライト・エッセイなどと言われる軽いものについてはほとんど読まない。文字通り軽すぎるのだ。短編よりも長編小説を好む僕の一貫した性癖でもある。

紀行文みたいな奴も好きじゃない。エッセイよりもう少し重い、例えば「評論」「論文」めいたものはまだ読むほうだが、今本棚を見渡してみて、いずれにしてもその手の本が3冊以上並んでいる著者は皆無である。

この文章は僕が3冊以上読んでいる作者を取り上げることをルールにしているので、従ってここで取り上げる人物はいないのである。

1冊2冊でも取り上げれば良いようなものだが(確かに2冊並んでいる著者は何人かいるのだが)、一応「3冊くらいは読まないと批評する資格はないだろう」という観点に基づいているので、まあ、省くのが妥当だろう。

かつて3冊以上読んだ評論家やエッセイストがなかったかというと嘘になるが、これも最初にあくまで現在の本棚の状況で書くと決めたので、やっぱりやめることにする。昔読んで捨ててしまった本について書いても、かつての恋人の思い出を語るようなもになってしまいそうな気がする。

前々章で、現在本棚に2冊しか著書のない中島らもについて取り上げたが、これは彼の仕事を特別視した訳ではなく、ある劇場でたまたま彼が僕の隣に座ったので、そのことを書きたかっただけである。

という訳で、非小説部門については、前章で取り上げた荒俣宏の数冊の著作を以って終了していたのである。

まことに無内容な章になってしまった。いやはや申し訳ない。
次章を以ってこの文章も一旦締めることにする。

Copyright©yama-a Nov.2001mark

目次へ 次章へ 前章へ