終章 あとがき・付録

さて、この章でこのコラムも終わりにしようと思っている。

今まで僕の本棚に3冊以上著作物の並んでいる作家について書き綴ってきた訳だが、序章でも触れたように、見る人にとって面白いのは実は1冊2冊紛れ込んでいる、毛色の違う本なのである。

経済書の山の中にいきなり漫画の本が数冊現れたり、膨大なスパイ小説群の隣に突然「指圧とツボ」の本が並んでいるのを発見したりするのが、他人の本棚を覗く醍醐味である。

そういう意味ではやや起伏の少ないコラムになってしまったかもしれない。

また、文中名前を挙げただけで、作品についてほとんど触れていない作家も何人かいる。ごく少数の奇特なファンの方々から、「あの人についてもちゃんと取り上げてほしい」とのリクエストを頂いているのも事実である。

僕自身がもう少し読みためて、書ける内容にボリュームを持たせられるようになったら、いつかまたこのコラムの続編を再開したいと思っている。

文章を終えるに当って、前述したような「起伏のなさ」を補うために、付録を作ってみた。

下記は、このコラムを書き始めた2001年3月から書き終えた12月までの間に僕が読んだ(厳密に言えば「この期間に読み始めたか読み終えた」)本の一覧である。著者ごとのアイウエオ順になっている。

ほとんど自分で買ったものだが、そうでないものも少しある。すごく面白かったものもあるし、読み終えた瞬間にゴミ箱に直行になったものもある。どれがどれかは敢えて書かない。

こうやって眺めてみると、実用書の類まで含めているのにこんなに少ないのは、僕の読書速度によるのか、それとも読書に費やす時間によるのかよくわからない。

でも、改めて眺めていると、我ながらまるで他人事のように面白い気がする。
読書はある程度散漫であるべきだと、僕は思うのである。

僕はこれからもいろんな本を読むだろう。またの会う日を楽しみに。

著書著者出版社
アメリカが見つかりましたか─戦後編阿川尚之都市出版
すばらしい新世界池澤夏樹中央公論新社
日本語の化学岩松研郎ぶんか社
インターネットの心理学パトリシア・ウォレスNTT出版
GO金城一紀講談社
こころの生態系河合隼雄・中沢新一・小林康夫・田坂広志講談社+α文庫
暗号攻略史ルドルフ・キッペンハーン文春文庫
魔法の時間W・P・キンセラ東京学参
あたりあまえのこと倉橋由美子朝日新聞社
白い犬とワルツをテリー・ケイ新潮文庫
パーフェクトゲームハーラン・コーベンハヤカワ文庫
彗星の住人島田雅彦新潮社
スターガールジェリー・スピネッリ理論社
竜の柩(全4冊)高橋克彦祥伝社ノン・ポシェット
図解でわかるインターネットテクノロジー田口美帆日本実業出版社
縁切り神社田口ランディ幻冬社文庫
モザイク田口ランディ幻冬社
目かくしシリ・ハストヴェット白水社
吉祥寺幸福荘物語花村萬月角川書店
学問のすゝめ福沢諭吉岩波文庫
25時デイヴィッド・ベニオフ新潮文庫
斬れる英語表現プラス425松本道弘DHC
翻訳夜話村上春樹・柴田元幸文春新書
数学質問箱矢野健太郎講談社ブルーバックス
ジーンリッチの復讐山川健一メディアファクトリー
ニュースキャスター山川健一幻冬社

Copyright©yama-a Dec.2001mark

目次へ 次章へ 前章へ