余章 翻訳についての余談

英米文学そのものについては書いたけれど翻訳については何も書いていなかった。

もちろん僕は翻訳について書けるほど原文と訳文を読み比べているわけではない。ただ、村上春樹と柴田元幸の「翻訳夜話」という本を読んで、どうしても何か書きたくなったのでさらに章を設けることにした。

ところで困ったことに、この章の前章が「終章」である。これに続く章に何という名前をつけるかについて悩んでしまった。「あとがき」とか「付録」が本来ふさわしいのだろうが、「終章」に「あとがき・付録」というタイトルを振ってしまったので、もう使うわけには行かない。

それで思い余って「余章」と呼ぶことにした。

話を本筋に戻す。

「翻訳夜話」という本は大変面白かった、と言っても万人向けに面白いのではなく、多分一部の「好き者」にとっての話だろうけれど・・・。

この本には村上・柴田の2人を中心とした対談が3つ収められている。そして、その3回目の対談の材料として、同じ作品を村上・柴田が別々に訳すという面白い試みがなされている。

カーヴァーとオースターの短編の原文、それぞれに対する村上訳・柴田訳、つまり1作品について3バージョンx2作品が収められているわけだが、それを順に読み比べると非常に興味深い。

この本の中で村上自身が、「自分の翻訳のいちばんの欠点は語学力」と認めていることからも明らかなように、村上訳・柴田訳を読み比べると、こと英語力に関しては柴田のほうが格段に上位であることがわかる。

例えば、文中に仮定法過去完了(しかも条件節なしで)が使われていたりする場合、そこには単なる過去形ではなく仮定法が使われるだけの(固く言えば)必然性が、もっと砕けて言うと、作者が仮定法過去完了で書きたくなるような背景というか、それまでのストーリー上の事実経過があったはずである。

柴田訳のほうは、この英文法上の必然性をしっかりと捉えて訳している。
それに比べて、村上訳のほうはなんとなく気分で流されて書いているような感じがする。

原文と比べて読んでいると、村上訳のほうは時々「おいおい、その訳はちょっと」と思ってしまうことがある。

村上自身も読み直して気になったのか、まさに僕が大いに気になった2箇所の訳文を取り上げて、「ちょっと行き過ぎているかな」と発言しているのだが、逆にこういう風にどこかに飛んで行ってしまうような訳こそが彼の真骨頂であるとも言える。

柴田は「ま、両者の中間あたりがいいのかな」と軽くフォローしているが、僕には柴田寄りのほうが、翻訳の実務作業としてはしっくり来る気がする。

このお二方は、もちろん僕にとって雲の上の人であって、僕なんぞがとやかく言える筋合いはない。これ以上書くと誤解されるかもしれない、いやもう誤解されているのかもしれないのではっきり書いておくが、翻訳された「作品」として村上訳が劣っているなどと言うつもりはない。

いずれにしても、このように原文と翻訳を読み比べると大変勉強になる。小さなことから大きなことまで、いろんなことに気づくことになる。

例えば僕はオースターの "Auggie Wren's Christmas Story" の中の "a single color photograph" を「1枚のモノクロ写真」だと理解して読み過ごしてしまったが、これは明らかに「たった1枚のカラー写真」である。訳文を読んで気がついた(そもそもモノクロは1色でなく、白と黒の2色のはずだ)。

小さな発見であるが、こういうことも含めてとにかく原文に触れることが、翻訳の情熱に繋がるのではないだろうか。

本文中で村上は何度も自分は翻訳が大好きであると語っているが、僕にもその気持ちが解るような気がするのである。

Copyright©yama-a Dec.2001mark

目次へ 次章へ 前章へ