番外章 英語の勉強になる本

終わるかと思ったら性懲りもなくどこまでも続くこのコラムも今回で本当の最後だ。
余章の後は番外章となってしまった。

今回は実用書の代表ということで英会話・英語の勉強になる本。

世の中に英会話の本は多いけれど、僕はごく限られたものしか読まない。
読んでも凡そ身につきそうもないない本も多いからだ。

特に「旅行で使える表現500」みたいな、短文ばかりこれでもかと詰め込んだ本はいくら読んでも身につかない。
言葉というのは前後の脈絡があって初めて意味をなすものだから、単独で1文だけ示されても使い方が解らないのである。

ある程度のボリュームを持った文章や会話の中に投げ込まれた例でなければ、それがどのような場合にどのようなニュアンスで使う言葉なのか、客観的で中立的な表現なのか思い入れたっぷりの表現なのか、なんとなく匂わせる言葉なのかバサッと斬り込んで行くための言葉なのか、その辺のことがはっきりしないのである。

だから、短い例文ばかりを並べた本よりも、ある程度の英文の固まりが載っている本のほうがずっとためになるはずだ。ニュアンスの説明にスペースを割いている本ならなお良い。

で、僕が自分の経験で非常に勉強になった本として今ここで挙げようとしている2冊は、実は書店の英会話コーナーに並んでいるものではない。

1冊は最近読んだ本で「イチローUSA語録」(デイヴィッド・シールズ編 集英社新書)だ。

この本の何が良いって、これはイチロー自身が話した英語を載せているのではなく、イチローが喋った日本語を英語に翻訳した記事を集めてあるということだ。つまり日本人英語ではなく、ちゃんとしたアメリカ英語であり、しかも必然的に会話体のものが多い。日米両文が併記されており翻訳の勉強になるし、英語らしい表現もふんだんに出てくる。

ただ、僕が書きたかったのはそんなことではない。

イチローという選手は、ことインタビューの受け答えについては非常にぶっきらぼうで、日本人としては少し異色である。それがアメリカに渡り、アメリカでインタビューを受け、彼自身は日本にいた時と同じように受け答えしているのに、それが英語に訳された途端、また微妙にニュアンスが変わっている様が非常に面白いのである。

読んでいて、「なるほど、英語にするとそういう表現になるか」と思う。「こういう表現になると、聞かされたアメリカ人は一方でギョッとしながら他方で感心するかもしれないな」と思ってしまう。この本は言葉を語っているようで、実はその背後の文化まで語っているのである。

そして、文化まで語らないことには言葉なんて身につくはずはないのである。

もう1冊は随分古くなるが、「マーフィーの法則」(アーサー・ブロック著、アスキー出版社、僕が読んだのは倉骨彰・訳の古いほうのバージョンだが、日本語の文章としてはこの旧訳のほうが面白い)だ。

この本は1993年にブームになった。その数年後、僕が読みたいと思った時にはもうどこの本屋にも置いてなくてインターネットで取り寄せて(送料まで払って)買ったのだが、後日原宿のブックオフで新品同様のものが平積みになっているのを見つけて悔しい思いをした。

この本も巻末に原文が載っていて、これが大変面白い。中には翻訳があまり巧くないものもあって、この原文を読んだほうがよく解るものもあるし、逆に原文ではよく解らなくて翻訳を読んでなるほどと思うものもある。

この本は言わば短文の寄せ集めであり、僕が上で述べたことと矛盾してしまうのだが、しかし、この短文集は英語らしい表現の宝庫なのだ。何よりも英語らしい省略の仕方の勉強になる。

最も有名な「マーフィーの法則」のひとつである「失敗する可能性のあるものは失敗する」という日本語を見て、果たして原文の通り "If anything can go wrong, it will." と訳せる日本人が何人いるだろうか?

さて、この2冊の本に共通する特徴は、いずれも「単純に読んで面白い」ということである。いかなる本もそれが基本ではないだろうか。

実用書の類であっても、読んで面白くて初めて身につくのである。

Copyright©yama-a Jan.2002mark

目次へ 次章へ 前章へ