第1章 暗喩と視点

僕にとっての綿矢りさを決定づけたのは、初めて読んだ芥川賞受賞作『蹴りたい背中』の書き出しの「さびしさは鳴る」という表現だった。

それは如何にも文学少女的な、凝りに凝った暗喩なのだが、そこには決して「この小娘が」と馬鹿にできない巧さがある。随分考えたのだろうな、と思う。練りに練った跡が見えるきらびやかな表現だ。

そして、その巧さは、やたらと目立つ冒頭だけではない。彼女が書いてきた小説のタイトルは、むしろありふれた言葉で、それほど派手な表現ではないのだが、いずれも読み終えてから振り返ると、じんわりと染みてくるような意味深長さがある。

ことほどさように、綿矢りさと言えば表現上の技巧が目立つ作家なのであるが、しかし、その表現の冴えだけで押してくる作家かと言えばそうではない。

特に近年はそういう癖から離れて、全体のトーンをうまくコントロールしながらストーリーを転がして来るようになったと思う。

若かったから人生に対して斜に構えていたということもあるのだろうが、彼女は一貫して意地の悪い作家だった。人間に対して意地の悪い見方をして、その醜さや不甲斐なさを突きつけて来るようなところがあった。

デビューから暫くは、その鋭い観察眼だけでかなりの部分突っ走って来たと思うのだが、そろそろ30歳に差し掛かって、一気に幅を広げた感がある。それは特に『憤死』を読んで感じたことだ。

小説のテーマや構成がとてもバラエティに富んできたと思う。

いずれにしても、暗いところをじっと見ている作家であるし、闇の中に紛れているものの形をくっきりと描き出すことのできる、非常に巧い作家である。

若い割に巧い、というのではない。ベテランの作家まで含めた中でも、かなり「書ける」作家だと僕は思っている。

と、ベタ褒めしておきながら、僕が読んだのは彼女の8冊の著書のうち、『蹴りたい背中』『夢を与える』『勝手にふるえてろ』『憤死』の4作のみである。まあ、でも今はこんなもんで良いと思っている。

彼女がもっと年をとって来た時に、もっともっと斬れる、恐ろしい作家になるのではないかと、僕は密かに期待しているのである。

彼女も今年漸く30歳。著作も決して少なくはなく、良いペースで書き続けている。

Copyright©yama-a Jan.2014mark


綿矢りさ作品への書評(ブログ掲載分)

目次へindex 次作へnext 前作へprevious