第2章 死生観の作家

白石一文は巧いのか巧くないのかよく分からない作家だ。

いや、巧いのは巧いのである。だが、「文章が切れる」とか「誰にも真似のできない表現で読者を驚かす」ようなタイプではない。

流れはスムーズだが、時々TVの往年の2時間サスペンスや少年少女ファンタジーめいた、ちょっと安い感じになりかける(が、なる寸前で止まる)。

ともかく構成の上手な作家で、その構成力でストーリーをどんどんドライブして行って、読者の気を逸らせない。

そして、何よりも大きな特徴は、彼の書く物語は常に「死」と微妙な感じで繋がっていて、主人公は常に死と向き合っているということである。ひとことでまとめるなら、「死生観の作家」ということになるだろうか。

僕が読んだのは4冊──『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』、『翼』、『快挙』、『彼が通る不思議なコースを私も』。

いずれもタイトルは巧くないと言って良いのではないだろうか(笑) 長すぎてリズムが悪くてまどろっこしいか、短すぎて何のことだかピンと来なくて印象に残らないか…。

これはわざとなんだろうか?と時々考え込んでしまう。なんか、そんな風に、ところどころ不思議な感じのする作家なのである。その不思議なところが読ませるとも言える。

常に死と向き合っているなどと言うと、暗くて重苦しい小説を思い描くかもしれないが、総じて後味の良い作家である。それは彼の描く死の対局に常に愛を配しているからではないだろうか。

愛などと言うと、これまた急に甘ったるい安っぽい感じにもなるのだが、白石は臆することなくその観点を貫いてくる。それがこの作家のパワーである。

そう、死の上に安々と愛を乗っけるようなしたたかさを覚えるのである。

僕らは表面にはあまり出て来ない、この一本気さに、気がつかないまま押されまくって小説を読み終えるのである。

終わり方は結構ぶっきらぼうである。そこには語りすぎない良さがある。読者に考えさせる余韻がある。

そう分析してみると結局巧い作家に他ならないということになるのだろうが、なんだか「巧い」という言葉で形容したくない作家なのである。

不思議な作家である。その不思議さを結局解明できないから、しばらくしてまた別の本を手にとっているような気がする。

Copyright©yama-a Sep.2014mark


白石一文作品への書評(ブログ掲載分)

目次へindex 次作へnext 前作へprevius