第4章 漱石、それから

今さらながらの夏目漱石である。

僕は古典よりも現代文学を好む。人生で自由になる時間は限られているので、昔の本を読む暇があったら、今の本を読みたいと思う。先哲の叡智を学ぶよりも、自分と同時代を生きている作家の息吹を感じたいのである。

そんな僕がここ何年かで夏目漱石を随分読んだ。それは前回も書いたように、朝日新聞で百何年ぶりの連載が始まったからである。ちなみに僕はデジタル版で読んでいる。

古典を読まないと言っても、夏目漱石については教科書に載っていたりもするので、少しは読んでいた。『坊っちゃん』と『こころ』と『夢十夜』くらいかな。映画では森田芳光監督の『それから』や、市川崑や山下敦弘ら11人の監督による『夢十夜』も観ている。

朝日新聞では2014年に『こころ』、2015年に『三四郎』と『それから』、今年になってから『門』が掲載され、今日(2016/3/9)からちょうど『夢十夜』が始まった。その後『吾輩は猫である』が続くらしい。

で、結論から言うと、夏目漱石は面白い。全く古くなく、「精神」が今に直結している。だから、どんどん読めるのである。

例えば文体にしても、同じ時代の森鴎外の文語調と比べると遥かに読みやすい。ああ、この時代から日本語はそれほど大きく変わっていないのだなあ、と思う。

その一方で、明治時代特有の言い回しや、如何にも江戸っ子っぽい訛り方、そして女性たちの「てよだわ言葉」など、今の僕らにとって新奇な表現も楽しめるし、何と言っても明治の知識人ならではの豊かな語彙に触れるのは得難い読書体験になる。

でも、感心しながら読んでいると、所どころで漱石特有の無茶苦茶な当て字が出てきて、楽しくなってしまう。

そして、登場人物の頭の中は意外に現代の僕ら(と言うか、僕)に近いものがある。新時代特有の自我と社会の対立みたいな構図だが、維新によってある種の大きな抑圧が解けた後も、僕らはやっぱりそういう枷の中にいるんだなと思う。

それから小説の構成も現代の作品との共通性が多く、現代文学の礎はこの時代にこの作家によって確立されたのかと改めて感慨深く思う。

解りやすい部分をひとつ例に取ると、それは小説の終わり方である。

僕はストーリーを追うだけが小説の読み方ではないと思っている。もちろんストーリーは大きな要素ではあるが、それが解決しなければ小説は終われないのだとは思っていない。世の中には常にストーリー的な決着を以て小説を閉じようとする作家もいるが、僕はそうでない終わり方のほうが好きだ。

ここのところ僕が読んだ漱石の作品の多くは、プツンと途切れるように終わる。全てが解決したりはしない。そもそも人生は全てが解決したりすることなくダラダラ続いて行くものなのだ。

しかし、プツンと読み終わりながら、読者は暫く、自分の頭で、終わった小説の向こう側を案じることになる。そこには大きな余韻がある。そして、仄かな救いが感じられたりする。それってまさに現代小説の終わり方だと思う。

で、現代と同じような感慨が描かれているようでありながら、その背景には見事に捉えられた明治の時代性、その特殊性が透けて見える。──そこが夏目漱石のすごいところだと思う。

高い評価を得て残っているものって、やっぱりそれなりのものなんだなあと、そんなことを書くと今さらお前は何を言っているんだと言われそうだが、それが僕の素朴な感想である。

Copyright©yama-a Mar.2016mark


夏目漱石作品への書評(ブログ掲載分)

目次へindex 次作へnext 前作へprevius