第5章 悪意と諦観

『対岸の彼女』『八日目の蝉』『坂の途中の家』の3冊だけを読んで角田光代を語ろうとするのは無理があるかもしれない。しかし、この読書コラムを書き始める時に、「本棚に3冊並んだたら取り上げる」と決めたので、それに従って書いてみる。

ただ、彼女の小説を原作としたドラマや映画は割合観ている。最初に観たのが豊田利晃監督の『空中庭園』、次が WOWOW のドラマW『対岸の彼女』(平山秀幸監督)だった。その後、成島出監督の『八日目の蝉』と吉田大八監督の『紙の月』も観ている。

こうやって振り返ると、いずれも結構えげつない映画である。女性が主人公で、ネガティブな感情のスパイラルに陥るような話である。ある意味で悪意に満ちた作品とも言える。

僕自身が書いた3作の書評を読み返してみると、そこには「巧い作家」という表現と「あざとい」という表現が並び立っている。巧い作家があざといというのは矛盾した話なのだが、この両義性を繋ぐのが小説の構成なのである。

人の心に巣食うネガティブな部分に少しずつ日を当てるような、巧みに仕掛けられた、練りに練った構成こそがこの作家の真骨頂だと思うのだが、あまりに構成がよくできすぎていて、読んでいると時々裏で物語を進行させている作家の姿が見えるような気がしてしまうのである。

それが、巧さの素であり、あざとさの根である。そして、その両方が一緒になって描き出してくるのが人間の弱さと悪意なのである。

だから、話は大体重い。読んでいると暗い気分になることもある。でも、最終的には、人間の醜悪なところを徹底的にほじくり返すような悪趣味な作家ではなく、最後の最後にはいつも仄かな希望の予兆が見える。そういう手仕舞いの仕方が如何にもプロなのである。

だが、その一方で、そんな風に物語の締め方が巧ければ巧いほど、却ってそれまでに読まされたネガティブな感情がどうしてもどこかに残っているような気がする。爽やかであれば爽やかであるほど、そこに後味の悪さが隠されているような気がするのである。

それがこの作家の意図するところなのかどうかは未だに分からない。でも、それは作者が「人間なんて所詮不完全で、ある意味醜いものなのだから、そこは素直に諦めて、気を張りすぎずにゆったりと生きていきましょう」と言っているのかもしれないと、最近僕は感じるのである。

Copyright©yama-a Jun.2016mark


角田光代作品への書評(ブログ掲載分)

目次へindex 前作へprevius