本のコラム

『僕の読書遍歴、その周辺』ほか

2001年3月に「僕の読書遍歴、その周辺」のタイトルで連載を開始し、その後「その続編」「その終焉」とタイトルを変えて続けてきた読書コラムをひとつのページにまとめました。

投稿したりブログに書いたりした個々の書評はここから辿れます。

★第1シリーズ「その周辺」
序章他人の本棚[読書と蔵書の傾向]
第1章減らず口のミステリ[ライス、コーベン]
第2章エンタテインメントの大家たち[タプリー、キング、マキャモン]
第3章ライ麦畑でつかまって[サリンジャー]
第4章魔法と神聖[キンセラ]
第5章人生は長い。だから面白い。[アーヴィング]
第6章繋がって広がる[オースター]
第7章不思議な深いイタリアの味[タブッキ]
第8章小学生編・中学生編・高校生編[和製志向]
第9章我が人生最大のライバル[村上春樹]
第10章龍が第1である理由[村上龍]
第11章動く相性[池澤夏樹、宮本輝]
第12章時として重さを求めて[大江健三郎]
第13章田口ランディと妻と僕との距離[田口ランディ]
第14章設定のリアリズムと進行のリアリズム[高村薫]
第15章中島らもは臭わない!?[中島らも]
第16章博物学者としての荒俣宏[荒俣宏]
第17章小説以外[該当者なし]
終章あとがき・付録[最近の一覧]
余章翻訳についての余談[村上春樹、柴田元幸]
番外章英語の勉強になる本[イチロー、マーフィー]
★第2シリーズ「その続編」
序章記録少年の記憶と記録[読書と記録の関係]
第1章読んでも読んでも届かない深み[倉橋由美子]
第2章社会性と作家性の差異[宮部みゆき/高村薫]
第3章読む前に嵌れ![恩田陸]
第4章もう読みたくない(その1)[吉本ばなな、川上弘美]
第5章もう読みたくない(その2)[貴志祐介]
第6章もう読みたくない(その3)[田口ランディ]
第7章構想の大きさと疲れ方の大きさ[鈴木光司、高橋克彦]
第8章正午からの「ずれ」[佐藤正午]
第9章現代へのナルシズム[歴史小説]
第10章「センセイの鞄」ふたたび[小説のドラマ化]
第11章わが師 山本夏彦[山本夏彦]
第12章「ライ麦畑」みたび[サリンジャー、野崎、村上]
第13章同工異曲の優しさ[北村薫]
第14章劣情を催す[花村萬月]
第15章読んだら一生続く思考[保坂和志]
終章提言:「日本小説大賞」[本が売れるために]
付録本を売る[本が売れた]
番外編66分の1の共著[本を出した]
★第3シリーズ「その終焉」
序章健忘症患者の本の読み方[本を読む意義]
第1章気さくな本のセールスマン[書評の位置づけ1]
第2章書評の書評に関する不思議[書評の位置づけ2]
第3章圧倒的な本[デリーロ、パワーズ]
第4章泣ける小説[泣ける小説]
第5章ラップで、ピカソで、夜の星座[舞城王太郎]
第6章感性と話芸の文学[川上弘美]
第7章二重世界の美しい秩序[小川洋子]
第8章そう遠くない予告[中休み]
第9章また本を売る[本を売った]
第10章長嶋有の回り道[長嶋有]
第11章僕の双子の兄[清水義範]
第12章偽悪の彼方に[山田詠美]
第13章洛中マジックに憑かれて[森見登美彦]
第14章数学本ブーム[数学関連書/小説]
第15章もうひとりの師匠[内田樹]
第16章セックス小説[セックス小説]
第17章単なる達人ではない[丸谷才一]
第18章読みやすい本[読みやすい小説]
第19章僕にとってネット上に書くとはどういうことか[書評・映画評試論]
★第4シリーズ「新編」
第1章暗喩と視点[綿矢りさ]
第2章死生観の作家[白石一文]
第3章kindle宣言[電子書籍]
第4章漱石、それから[夏目漱石]
第5章悪意と諦観new_issue[角田光代]

All rights reserved Copyright©yama-a 2002-2017