新年にまつわる気になる表現2つ

新年にまつわる気になる表現を2つ。

ひとつは、Happy New Year!

そう、A はないのです。不定冠詞は不要なのです。

「お誕生日おめでとう」が Happy Birthday!
「メリー・クリスマス」が Merry Christmas!
「おはよう」を A good morning と言わず、「おやすみ」を A good night と言わないのと同じで、「明けましておめでとう」を A Happy New Year とは言わないのです。

もちろん Birthday や Christmas が数えられない名詞だという訳ではありません。

歌詞にはこんな表現があります。

We wish you a merry Christmas and a happy new year

こんなのもあります。

And may all your Christmases be white

ところがお誕生会に出席した時にみんなで歌う唄にはやはり a はないのです。

Happy birthday to you!

どこが違うかといえば、クリスマスも新年も、通常の文章の中に置かれると普通に可算名詞になるのですが、挨拶的な使い方をする場合は、a をつけたりはしないということです。

ちなみにクリスマスは Christmas または Xmas で、X'mas は誤り(このことはまた別の機会にでも)。

もうひとつは「元旦」。

「旦」は地平線から日が昇るさまを描いた象形文字です(そう言われると「うーむ、なるほど」と思うでしょ? でも、どうしてこれが「日が昇るさま」であって「日が沈むさま」ではないかと言われると説明できないんですけど・・・。まあそれは置いといて)

つまり「旦」は「朝」という意味です。「元旦」は「元日の朝」です(「元日」は1月1日です)。

巷には「元旦の夜には」などと言っている人が結構たくさんいます。教えてあげようかなあと思いながら、勇気がなくてできなかったので、この場を借りました。

どうですか。少し勉強になったでしょ。それではまた。

Copyright©:yama-a Jan.2001mark


[追記]

この文章を公開して3年近く経ったある日、1通のメールが来ました。

曰く「『旦』には『ついたち』の意味もあるので『元旦の夜』は間違いではない」。

なるほど、大概の辞書は「元旦」の項に「元日」という意味も載せているではありませんか!
こうなると明らかに私の負けですね。

で、負けを認めたうえで負け惜しみを書かせてください、ちょっとだけ。

「旦」は上に書いたように「日が昇るさま」の象形文字なので、やっぱり本来は「朝」という意味だったと思います。それが、朝→早い→最初という風に意味が転じたのだと思います。

頂いたメールには、「ついたち」の意味で用いられる他の例として「月旦」という言葉が挙げられていました。いろんな言葉をご存知の方です。

「月旦」とは「ついたち」のことです。だから「年旦」が「元日」の意味だと言われたら納得行くのですが、依然として「元旦」が「元日」と同じ意味だと言われると、なんとなく情けない気がします。

でも、辞書に書いてある限りは、私の負けです。私が調べた限り1980年発行の辞書にすでに載っていたので、最近になって混同されるようになった訳でもなさそうです。

他の文章でも何度か書いているように、言葉は辞書を追い越して先に定着してしまいます。辞書は慣用の後を追いかけるのです。

どうやら私は、その辞書よりも遅れをとってしまったようです。やれやれ。

Copyright©yama-a Nov.2003mark

目次へ 次号へ