考えられなかった邦題を考える

最近洋画のタイトルで英語をそのままカタカナにしたものが多いと思いませんか?

最初に頭に来たのは「リバー・ランズ・スルー・イット」でした。
何それ?全然訳してないじゃないか!大体この through it みたいな語をどう訳すかが日本人にとっては難題なのです。カタカナでそのままは反則でしょう。

西洋人と東洋人のタイトルのつけ方には感覚の違いが相当あると思うのです。
だから先人たちは、洋画の味気ないタイトルを日本人好みの情緒あふれる題名に変換することに心血を注いできたのです。

欧米では未だにこの名前連結型のタイトルが多いですね。会社の名前でもプロクター&ギャンブルとかスミス&ウェッソンとか・・・。日本でも昔は「安寿と厨子王」とか「お染久松」とか、ないではなかったのですが、これっていつの時代?

John and Mary の邦題は「ジョンとメリー」だったのでそのままというのも依然アリですが、今の宣伝マンならきっと「ジョン・アンド・メアリー」なんてするんじゃないでしょうか(現に Thelma & Luise は「テルマ&ルイーズ」でした)。

こうやって並べてみると結構マンネリなんですが、それでも喝采とか追憶とかいう雰囲気のある言葉を一生懸命探し出して引っ張り出してきた努力の跡が窺えます。

だってそのままじゃどんな映画か解らないもんね。日本人の宣伝マンが日本人の観客のために日本語を継ぎ足した訳です。偉いじゃありませんか。

もっと昔の例を探せば「哀愁」とか「旅愁」とか「望郷」とか「情事」とか、映画のタイトルは日本人の証しみたいなウェットな単語であふれていました。それがだんだんアメリカかぶれしてきて、「ゴッドファーザー」とか「スターウォーズ」とか、その辺まではまだ良かったのですが、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」とか「メッセージ・イン・ア・ボトル」とか手抜きとしか言いようのないものが恥ずかしげもなく出てきました(upon a や in a がリエゾンせずに「アポン・ア」や「イン・ア」となるのが気持ち悪いことないですか?)。

「スターシップ・トゥルーパーズ」とか「セレブリティ」とかカタカナで書かれても意味が解りません。

もっとひどいのは「ダブル・ジョパディ」・・・Jeopardy って「ジェパディ」と発音するんですよ。

ところであなただったらThe River Runs Through It をどう訳しますか。

Copyright©yama-a Jan.2001mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ