疲れている証拠

皆さんの会社では「お疲れさま」という表現がはびこっていませんか? うちの会社では若い人のことば遣いの中に溢れ返っています。

廊下ですれ違ったら「お疲れさまです」。電話を受けたら「お疲れさまです」。電話を掛けてもまず名乗ってそのあと即「お疲れさまです」。後ろから呼びかけるときも、何かを頼むときもまず「お疲れさまです」から始まる。私もちょっと前までは随分気に触ったものですがもう慣れて来つつあります。

昔は、廊下ですれ違ったら目礼をする(何も言わない)。呼びかけるときは「失礼します」とか「すみません」。外出先から電話してきた社員への第一声が「お疲れさまです」。先に帰宅する社員に対してが「お疲れさまでした」とバリエーションも多彩でした。

あまりに「お疲れさま」を連発されると、「おいおい、俺様はお疲れ様なのかい」と言いたくもなるのですが、言っているほうにとってはそれほど大それた意味もなさそうです。今や「お疲れさま」はオールマイティの記号になっているようです。

記号というのはそれ自体には意味がないということ。
駐車禁止や進入禁止の標識のデザイン自体に意味がないのと同じです。初めて入った店で「毎度有難うございます」と言われ、取引のない会社の人から電話が掛かってきても「いつもお世話になっております」と言っているようなもので、別に意味はないけれど、言わなけりゃ言わないで失礼になってしまう恐れがあるということです。

そう、若い人たちは若い人たちなりに「言わなければ失礼」と思って「お疲れさま」を連発している訳です。そこのところを意識してやる必要はありますね。

言葉というものは、良いとか悪いとかいう価値判断を超越してどんどん変容して行きます。
以前、「お疲れさまです」と言われて「俺は疲れてなんかいない」とマジで激怒した役員がいました。
変容して行く言葉の流れを潔しとするかどうかは個人の自由。「その表現は良くないから改めよう」と社会に対して働きかけて行くのもまた良いことです。でも「良くない表現」を聞いた途端に、悪意を感じて腹を立ててしまうのは、やっぱり疲れている証拠ではないですかねえ。

どうです? 少しは怒りが和らぎましたか? ではまた。

Copyright©yama-a Feb.2001mark


[追記]

遂に「お疲れさま」が活字になって現れました。

ウチの会社は2、3年前から給与明細の配布をやめてイントラネット上で閲覧できるようにしました(必要があれば各自それをプリントアウトしています)。

先だって、その給与閲覧システムが更新されたのですが、その結果、ログアウトした直後の画面にこの文言が出るようになりました。

「お疲れ様です
システムは正常にログアウトされました」

いやあ、耳で聞いても違和感があったのに、文字になって目から入ってくると違和感もひとしおですね。

上で「お疲れさま」は単なる記号であってそれ自体には意味がないと書きました。しかし、文字になった場合、「疲」という字には紛れもない意味がある訳で、これは却々見過ごせないのです。

そもそもたかが2、3回クリックしただけなのに「お疲れ様です」は大げさじゃないですか。大げさだからおちょくられているような気がする→腹が立つ、という構造なのでしょうか?

いや、「お疲れ様」よりも気になるのは「です」なんですね。作業を終えてログアウトしたのだから、「お疲れ様でした」と言うべきなのでは?

そして、もっと変なのが「システムは正常にログアウトされました」という受動態。日本人なら「システム」などという無生物ではなく人を主語にして、「システムから正常にログアウトしました」と書いてくれたほうが解りやすい気がするのですが・・・。

それとも、「お疲れ様です システムは正常にログアウトされました」という全体が単なる記号なんですかね? そもそもこんな風に考えすぎることが疲れている証拠なんですかね?

腹は立たないけど首は傾げたくなるなあ。

Copyright©yama-a Jul.2003mark

[ このテーマの続編を読む]

[ このテーマの別の続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ