バレンタイン・デーのルール

チョコレートは嫌いではないです。
しかし、チョコの味にはかなり差があります。僕はステットラーの生チョコが美味しいと思うのですが、義理チョコではこのクラスのものはまずもらえません(終わってから書いているから別に嫌味じゃないでしょう)。しかし、自分が中学時代のバレンタイン・デーを思い出すと、あの頃は味なんて上の空だったなあ、と思います。

バレンタイン・デーというのは一種のゲームです。
ちゃんとしたルールがあって、それに則って各プレイヤーは知恵と秘策の限りを尽くし、結果としてうまく上がれる奴と上がれない奴が出ます。ハラハラドキドキのゲームです。女子も男子も胸をときめかせる息苦しい一日でした。そう、ひとことで言って、それはかなり真剣なゲームでした。

それがいつの間にか、年賀状にも劣る無味乾燥な日常作業と化してしまったのは、「義理チョコ」という変なローカル・ルールが導入されてからではないでしょうか?
いや、今でも本命をめぐる競技においては昔と同じ excitement が温存されているのかも知れません。でも「義理」がはびこってしまったためにバレンタイン・デーというゲーム全体としては沈滞しているように思います。だって、義理でもらおうがもらうまいがアガリもドボンもあり得ない訳ですから。

あのアガリの有頂天とドボンの喪失感!

バレンタイン・デーに女性が愛の告白としてチョコレートを送るという習慣は日本だけのもので、聞くところによると日本の菓子メーカーが考案したのだそうです。私は、これは馬鹿馬鹿しく見えて実は悪くない習慣だと思っています。結構面白いゲームであり、文化として育っているのではないかと思うのです。(日本のろうそくメーカーが考案したという)結婚披露宴のキャンドル・サービスと並んで、自慢しても良い発明ではないかと思うのです。

時代が変わって、と言うよりは、多分菓子メーカーがもっとたくさんのチョコを売るために「義理チョコ」という新しいルールが導入されて、そのことによってこのゲームは少し退屈になってきました。
ならば考えるべきことは簡単で、新しいルールを作れば良いのです。もっと心ときめく豊かなゲームになるように皆が知恵を絞る時期に来ているのではないでしょうか。

次代を担う菓子メーカーの企業戦士の皆さんに大いに期待したいところです。

もう義理チョコの数を競うのはやめませんか? どうせ美味しくないですよ。

Copyright©yama-a Feb.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ