表意文字の意表を突く

当て字を使われると、「どうもしっくり来ないなあ」と私は思ってしまうのです。

漢字は「意味」と「読み」をセットで持っているので、その連関が断ち切られることを割り切れるか割り切れないかの問題だと思います。

当て字には2つのタイプがあって、まずひとつ目は意味を残して読みを変えたもの。

歌詞なんかで「理由」と書いて「わけ」と読ませたりする例です。
歌詞の場合には字数の調整が必要だから、「りゆう」にしたらメロディに乗らない。でも、歌詞カードには「理由」と表記したい。そういうことでしょうね。

作詞家は昔からそういうことを結構自由にやっていて、思いつくまま例を挙げれば、「運命」(さだめ)とか「破片」(かけら)とか…。サザンの桑田なんかもよくやってます。

でも、これは別に作詞家の専売特許でなく、「身体」(からだ)「生命」(いのち)「永遠」(とわ・とこしえ)など身の周りにたくさんあります。
動詞の例では「流行る」(はやる)とか「彷徨う」(さまよう)が挙げられます。
また、形容詞では「美味い」(うまい)とか「不味い」(まずい)とか…。
大体が漢語をやまと言葉に置きかえるのがパタンのようです。そう言えば「大和」(やまと)というのもこの例ですね。

私がこれらを「しっくり来ない」と思ってしまうのは、1つの単語に2通りの読みを許してしまうからです。「あんまり勝手にやられると敵わないなあ」という感じ。

このタイプには漢文の読み下し文から生まれてきたものもたくさんあります。例えば「所謂」(いわゆる)「所以」(ゆえん)「似非・似而非」(えせ)など。

もう1つの当て字は、逆に意味を無視して音だけ合わせたもの。

「無理矢理」の「矢理」には全然意味がありません。と言うか、本来その漢字が持っている意味が邪魔になっています。

「やはり」を「矢張り」と書いたり「むちゃくちゃ」を「無茶苦茶」と書いたりするのもこの例です。

明治時代の文章などを読んでいると、漢字の多い文章を書くことが知識人の証明だったのか、もう当て字だらけで、「よろしく」なんて「宜敷」と書いてあります。

そもそも日本語には文字がなかった訳です。まず中国から漢字を輸入して意味通りに使う一方で、意味を無視して音だけで書くようになったのが万葉仮名です。そのうちに「以」が「い」に、「呂」が「ろ」に、「波」が「は」になって平仮名ができました。

それで今では日本語にも表音文字がちゃんとある訳です。表意文字を音だけで使うことによって変な印象を与えないためにも、変な当て字は避けたほうが良いのではないかと、私は思うのです。

ところで当て字のくせに妙にちゃんと意味を表したものが1つだけあります。──それは「出鱈目」(でたらめ)。
ひとつひとつの漢字の意味を馬鹿(これも当て字)にしたかのような出鱈目な組合せが、意表を突いて「でたらめ」という印象を与えてくれるとは思いませんか?

この当て字だけは、なんか好きだなあ。

Copyright©yama-a Mar.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ