読むとこんがらがる話

私の会社のある偉い人が、セイン・カミュ(「からくりTV」でファニエスト・イングリッシュのコーナーをやっている人です)のことをカイン・セミュと憶え違いをしていて、しかも会議の席上で連呼するものだから、出席者は笑いをこらえるのに必死になっていたそうです。

しかし、問題なのはその後で、私の部からその会議に出席していた女性は、以後セイン・カミュであったかカイン・セミュであったか、ひと呼吸置いて考えてからでないと口に出せなくなってしまったとのことです。

そういうことってありますよね。

妻は昔「ベン・ジョンソンだったかジョン・ベンソンだったか判らなくなる」と言ってました。また、私の以前の上司はスティービー・ワンダーのことをスピーディー・ワンダーと言ってました。どちらの例のほうが間違えやすいかというと無論前者のほうで、何故ならベン・ジョンソンもジョン・ベンソンも完全にあり得る名前であり、一方スピーディーには「速い」という意味がちゃんとある(ゆえに名前ではないと判る)からです。

固有名詞も含めて外来語というものは、母国語のように時間をかけて自然に憶えるものではなく、ある日突然現れて来ます。だから、理屈抜きにいっぺんに丸暗記してしまうしかないのです。そういう訳で、理屈っぽいと言われる私などは苦手に思うのかもしれません。

私自身の例を挙げれば、一時期キャセロールとキャミソールがこんがらがって、心の中で呟いてからでないと言えませんでした(この例は言い間違えると結構カッコ悪いんですよね)。他にもポプリとポリープ、クーロンとクローン、ポトフとポトスなどの「2人1組」は、私の脳内で喧嘩をしてから漸く言葉になって登場します。例えばこんな具合に・・・。

ええと、九龍羊だったっけ、クローン羊だったっけ? あるいは、

ええと、ポトスは観葉植物だから、ええと野菜の入ったスープはええと、ポトフだ!

ひどい時にはこの2つに、修辞学用語だが論理学用語だかよく知りませんが、トポスなどという単語が仲間に加わることもあって、そうなると連鎖反応的にパトスとかロゴスとかエロスとか、挙句の果てにアガペーまで飛び出して、もう頭が爆発しそうになることもあります。

しかし、こんなことは決して私独りの現象ではありません。

実際耳にした例を挙げれば、ストライプとスプライト、アガリクスなのかアガリスクなのか、テンポラリー・カード(来客用に随時発行される入館許可証)のことをコンテンポラリー・カード(現代的なカード!?)と言ってみたり…。

どうです? だいぶこんがらがってきたでしょう。
いつかこんな例を集めて「憶え間違い・言い間違い大全」を編纂したいと思っています。

ではまた。

Copyright©yama-a Mar.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ

[追記]

ということで本当に「ちゃうちゃう大全」というページを作ってしまいました。(すみません。このコーナーは2014年5月の全面的改装に伴って削除しました)


[追々記]

この文章を見て、私の数少ない若い女性の知り合いであるあずさ君からメールをもらいました。

彼女は村上春樹の著書名が、「スプートニクの恋人」だったか「スプトーニクの」だったか「スープトニクの」だったか、こんがらがってくるとのこと。

これは意外。我々のように、ソ連の宇宙開発をリアルタイムで知っている人間は間違うはずもない名前なのです。

しかし、それにしても「スープと肉の恋人」というのはちょっと頂けない。

[ このテーマの続編を読む]