伝える工夫、割り切る勇気

インターネットをよく利用している人でも意外に知らないのは、ウェブページの見え方はブラウザによってかなり違うということです。

文字の大きさ・色はもちろんのこと、下手するとレイアウトまでかなり違ってきます。一般にインターネット・エクスプローラ(IE)のほうがネットスケープ・ナビゲータ(NN)より文字は大きく出るようです。

同じブラウザでもバージョンによって大きく異なります。IEのあるバージョンでは、私のHPの背景に勝手に色がついたりしてしまいます。

私は市販のホームページ作成ソフトを使わずにHTMLを手書きしています。最近スタイル・シートという手法を使った書き方が少しずつ定着してきて私も一部導入しているのですが、残念なことにその書き方をすると、NN4.7の場合にはフォントの色がなかなか思い通りになりません。赤系の色が悉く青系の色になってしまうのです。これは結構頭の痛い問題です。

コンピュータの世界は WYSIWYG(= What you see is what you get:画面で見た通りの印刷結果が得られるとの意)だと言われますが、実は画面で見た時点で既に作者の意図を反映していない可能性が大きいのです。

そう言えば、会社で初めてメール・アドレスをあてがわれた時、ネチケット(ネット・エチケット)というものをみっちり教え込まれました。例えば

メールでの文字化けを防ぐために、曰く、

1)丸囲みの数字など特殊な文字を使うべからず
2)タイトルや添付ファイル名は1バイト文字(直接入力のアルファベット)のみを用いよ

等々。

この2つのルールは実に尊重されておらず、会社でも遵守しているのは私を含め十数人ではないかと思います。

確かにメールソフトの性能が上がってきたせいなのか、これらのルールを守らなくても障害が頻繁に起こることはありません。ただ、添付ファイル名は比較的よく文字化けします。困るのは、Windows の場合はファイル名の拡張子の部分が化けてしまうと、どのアプリケーションを使って開けば良いのか判らなくなると言うことです。

だから、せめて添付ファイル名だけは1バイト文字で書いてほしいな、と私は思っています。

メールソフトの使い方について言えば、「まぐまぐ」は固定ピッチ・フォントを使うように指導しています。これは記号やスペースを並べて作ったデザインが崩れないようにするためです。

このことは上の2つのネチケットと同じように見えて、実は根本的に違っているように思います。ネチケットのほうは発信側が心懸けるべき項目であるのに対して、「まぐまぐ」は受信側に強制してしまっているのです。

固定ピッチを選ぶかプロポーショナルを選ぶかは、実は、使う人の趣味の問題だと片づけられるものではない、と私は思うのです。何故なら長い文章を読む場合にはプロポーショナル・フォントのほうが固定ピッチ・フォントよりもはるかに読みやすいからです(少なくとも私はそう思います)。

そもそも、メール文のデザインによく使われている星型とか白い四角などは、本来ネチケットの上では避けるべき特殊文字だったはずです。それがずれないように固定ピッチ・フォントを使えと言うのもどうかな、と思ってしまう訳です。

そういう事情を無視して、作者の意図を反映させるために固定ピッチ・フォントを使えというのは、まるで本の作者が「俺の著書を読む時にはこういう環境で読め」と強要しているようなものだとは感じませんか?

もしも、それが許されるのであれば、私は言いたい。
「私のHPを見る時は最新バージョンのブラウザで見て下さい」と。

で、そんなことを愚痴りながら、HTMLを書いてはIEとNNで交互に見比べて、日夜イライラしたりがっかりしたりしている訳です。

うーん、NNでスタイル・シートを使うとどうしても赤が出ないなあ・・・。

でも、考えてみれば、「自分の伝えたい通りに他人に伝わらない」というのは、人間が生きて行く上での最も基本的で普遍的な制約なんですよね。言うならば、100%伝わらなくても「当たり前」。

そう思うと少しは気が楽になって、筆も進むというものです。

色々と小うるさいことを書きましたが、そんなことに拘泥するよりも、コミュニケーションというものは案外肩の力を抜いて臨んだほうがうまく行くのかもしれません。

どうでしょう。今回私の言いたかったことはうまく伝わったでしょうか?

Copyright©yama-a Apr.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ