ニッポンの「ン」、Japan の "n"

日本人が苦手とする英語の発音はたくさんあって、例えばRとLの区別、あるいは曖昧母音などでしょうか。逆にそういうことについては、「こう発音しなさい」と親切に教えてくれる人がたくさんいるので、今日は誰も教えてくれないことを書きます。

それは日本人が苦手とするNの発音についてです。

「何が苦手なものか。Nでしょ? ナ行でしょ? 舌を上あごにくっつければ良いのでしょ?」──本当にそう思いますか?

英語でも日本語でも、ひとつの文字がひとつの音を表していると思ったら大間違い。音声学の専門家に言わせると、例えば英語の場合、同じLでもそれが語頭に来るか語末に収まるかで微妙に音は違うのだそうです。

そこまで細かい分類になってくると素人の私にはお手上げですが、日本語のNについて、以下に分かりやすい例を挙げましょう。

  1. 運動(うんどう)
  2. 販売(はんばい)
  3. 歓迎(かんげい)
  4. 饂飩(うどん)

1)は、まあ普通の「ん」。あまり意識して発音するまでもないでしょう。TやDやNの直前にNがあるときは日本語も英語も変わりません。要するに舌を上あごにくっつければ良いのです。

では2)の場合。舌を上あごにくっつけると、この「ん」は大変発音しにくい。「はん」で一旦音が切れてしまいます。我々はこういうケース(後ろにBやPが続く場合)では意識せずに「HAMBAI」と発音しています。表記は同じ「ん」でも発音はMなのです。

続いて3)のケース。これも発音してみて下さい。この「ん」の発音はNGです。
そのGは「げい」のGでしょう?と思うかもしれませんが、「ん」自体が鼻に抜ける「ん(ぐ)」なのです。その証拠に、このケースでも舌は上あごにくっついていないはずです。
KやGの直前の「ん」の発音はNGです。

4)は語末にあるので3)よりは弱いですが、基本的には3)と同じNGなのです。我々日本人は語末の「ん」では、舌をちゃんと上あごにくっつけて発音しないことが多いようです。私はこれを「野放図なN」と呼んでいます。

日本語の「ん」は1文字でこんなにバリエーションがあります。だからこそ、日本人は英語のNが苦手なのです。特に語末のNが野放図になってしまって、きれいに発音できない訳です。

英米ではNはあくまでNです。つまり、どの位置にあろうとも舌が上あごにくっつくのです(だからBやPの直前にNが来るような綴りの単語は滅多にありません)。唯一の例外は鼻に抜ける場合ですが、このケースには必ず後にKかGの音(「音」であって「綴り」ではない)を伴っています。

アメリカ人が Japan と言う場合、誇張すれば「ジャパンヌ」と発音するつもりで「ヌ」まで言わずにやめる、みたいな言い方をしています。

Nが語頭に来る時も同じで、彼らは日本人よりもより確実に舌を上あごにくっつけてから発音しているようです。だから、例えば neck という単語を文の中で特に強調したい時には「ンネック」みたいな粘っこいNになっています。

このことは、丁寧な発音をする歌手、例えばホイットニー・ヒューストンの歌などを聴くととても参考になるでしょう。逆にミック・ジャガーやレオン・ラッセルみたいな発音乱れまくりの歌手でも、聴いてみるとNはやはりNなので驚くぐらいです(オヤジなので例が古くてすいません)。

Copyright©yama-a Apr.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ