当意即妙のことば

ウィットに富んだ表現、当意即妙の受け答えというものがあります。思いがけずそういうものに出会うと、とても嬉しくなります。

かつてこんなやりとりがありました。私がまだ高校生だった頃の話です。

私: 「タエコってどんな字?」
妙子:「女っ気の少ない子」

他愛のない言葉遊びだと思われるかも知れません。でも、これを言ったのは、とびっきり可愛くてちょこっとボーイッシュな女の子だったのです。

そういう娘がそういうことを言うととてもサマになるのです。
逆にそうでない人がそんなこと言ってもちっともサマにならないので、もしあなたの名前が同じ妙子であってもむやみに真似しないことをお勧めします。

ボーイッシュで可愛い娘に「女っ気の少ない子」などと言われると、謙虚な表現で逆に可愛さが倍増して、一瞬にして恋に落ちたりしてしまうでしょう?(ちなみに上の例の妙子さんは当時私がつきあっていた女の子の妹だったので、恋に落ちたりはしませんでしたが・・・)

名前の漢字と言えば、以前女優の斉藤由貴さんが自分の名前を「理由の由、貴金属の貴」と説明しているのをTVで見たことがあります。

これが「貴族の貴」や「貴婦人の貴」だったらやや嫌らしくなるところ、「貴金属」などという無機質なものを持ち出す辺りが謙虚で、それゆえウィットに富んでいるように思います。

例えば「美」なんかでも、「美人の美」ではなく、「美術館の美」のほうが人間として魅力のある表現なのかもしれません。

謙虚といえばこんな発言もありました。ゴルフが下手糞な人なら皆共感を覚えると思います(ちなみに、これを言ったのは私でありませんでしたが・・・)。

第1打がラフはおろか、林も谷も越えて隣のホールにまで行ってしまうことってあるでしょう?(ま、滅多にない人もいるんでしょうけどね)

そんな時彼は、クラブを3本抜いて走りながら、こう言いました。

「合い言葉は、グリーンで会おうぜっ!」

いやいや謙虚じゃないですか(でもこの話はゴルフを知らない人には解らないか)。
人間謙虚が一番です。

さて、味噌汁において最後に味噌を加えて味を調えるように、この文章も最後は手前ミソで締めましょう。

昔話になりますが、高校受験の際にたまたま隣り合わせたA君は、少年期にありがちなやや自信過剰な奴でした。午前の受験科目が終わって皆で弁当を食べている時に、自分がいかにできたかを滔々と述べたてるのです。

A君:「簡単やったなあ。もう始まって10分くらいで殆ど全部の問題をやり終わってたよ」
私: 「へえ、すごいなあ。始まって10分やったら、俺まだ自分の名前書いてたなあ」

この発言は一同にバカ受けしました。もっとも、A君だけは睨んでたけど・・・。

自分のネタで締めるのは謙虚じゃないので、もうひとつ愛妻のネタを。 我が家の当意即妙の例です。

妻の足裏マッサージをしてやっていたときのこと。

妻:「痛いっ!痛あい!そ、そこ何のツボ?」
私:「ん? 脳下垂体のツボ」
妻:「脳カス、痛い!」

お後がよろしいようで・・・。

Copyright©yama-a Apr.2001mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ