淡々と知れば良い

先日出張で東京へ行った時のこと。
ホテルのフロントでチェックアウトしていると、隣に白人男性がやってきて言いました。

"Do you have a plastic bag?"

それを聞いたフロントのお姉さんは、解ったのやら解らないのやら。
ただ呆然と困惑の表情を浮かべて、無言で相手を見ています。──日本人にありがちな反応(というか、外人から見れば「反応」ではなく「無反応」)。

こういうケースで、このフロント嬢について考えられることは3通りあるのでは ないでしょうか。

  1. 英語が全く解らない
  2. ある程度英語はできるが聞き取れなかった
  3. 英語は聞き取れたのだが、意味するところが分からない

白人男性は反応が得られないのでじれったそうに、今度はゆっくりと繰り返しました。

"A plastic bag?"

ちょうどその時チェックアウトが完了して、私はフロントを離れたのですが、離れ際に「これは多分3のパターンだろう」と勝手に解釈して、「ビニール袋のことですよ」と教えてあげました。

ビニールの袋が a plastic bag だって?と驚かれた方もあるでしょう。

まあバッグと言うくらいだから、持つところくらいは付いているかもしれませんが・・・。まさにスーパーで買い物をした時にくれるような袋が a plastic bag なのです。

日本人は普通「プラスティック」と聞くともう少し固いものを想像します。しかし、英語においては、日本語で言う「ビニール(製)の」は大概 plastic で済んでしまいます。

といった具合に。

知らなければ解りませんよね(想像して解る可能性は低いです)。逆に言うと単に知ってるか知らないかだけの違いなのです。

別の話。

たまにしかないことなんですが、字幕を見ながら洋画を鑑賞していて翻訳の誤りに気づくことがあります。

ひとつ実例を挙げれば、「女と女と井戸の中」( The Well )というオーストラリア映画を見ていた時のことです。

女主人が若いメイドに誕生日プレゼントを買ってきて、部屋の中に隠して、 目隠しをしたメイドに探させるシーンでした。
メイドが手探りであっちに行ったりこっちに行ったりするたびに、女主人が "It's getting warmer" とか "Colder" とか言うのを、字幕はそのまま「暑い」とか「寒い」とか訳しています。

これはひどい訳です。warm ( cold ) というのは、ここでは「クイズなどの答え が正解に近い(遠い)」という意味です。

私はたまたまある本で読んで憶えたのですが、これも知らなければ解らない類の単語です。そこらへんの日本の辞書には載っていません、と勝手に思い込んでいたのですが、念のために引いてみるとちゃんと載ってました。でも、 warm ( cold ) みたいな簡単な単語に別の意味があるとは却々思わないので、ついつい抜けてしまうのですね。

とは言え、この訳文では見ている人は何のことだかさっぱり解りません。今後TVで放送したり、ビデオを発売したりレンタルしたりもするはずだから、やはり教えてあげたほうが良かろうと思って、配給会社にメールを書きました。

揚げ足を取って糾弾するような文体にならないように、慎重に言葉を選んで書いたつもりだったのですが、結局私のメールは完全に無視されたようで、なしのつぶてでした(先日WOWOWでやっていたので見たら、やはり字幕はあの時のままでした)。

誰しも、自分の誤りを指摘されるのは快いものではありません。私とてそういう時に機嫌が悪くなったりするかもしれません。

でも、所詮は知ってるか知らないかだけの問題なのです。言葉は単なるコミュニケーションの道具に過ぎないのであって、特技でも何でもありません。聞いて、淡々と知ってもらえば、そして今まで間違っていたのなら淡々と訂正してもらえば良いのです。

だから私は、自分が気づいたことはできるだけ教えてあげるようにしています。

できるだけ淡々と。

Copyright©yama-a May.2001mark

[ このテーマの続編1を読む]

[ このテーマの続編2を読む]

目次へ 次号へ 前号へ