普通、正常、健康

日本では今、「普通」という言葉が「多数派に属する」という言葉とほとんど同じ意味で使われている、と私は思うのです。

例えば、「・・・するのが普通だ」と言えば「・・・する人が一番多い」との意、「普通の人」と言えば「一番ありがちな人」という意味ではないでしょうか?

こんな会話ってありませんか?

「どうして言ってくれなかったんだい?」
「言わなきゃまずいか?」
「だって、普通は言うじゃないか」

これがもし「普通は」ではなくて「普段は」だったら、意味合いは幾分違ってきます。普段の、平常の私をよく知っている人が、「今回だけどうして違う行動をとるのか?」と心配してくれているのです。

でも「普通は」などと言われると、それって、単に言わなかったことを咎められているだけではなく、実は多数派に属していないことを非難されているようには感じませんか?

そんな言い方をするのは日本人だけだ──なんて言う気はありません。
でも、例えばアメリカ映画やアメリカの小説などでよく出くわすのは次のようなやり取りです。

「だって、普通は言うじゃないか」
「ワーォ、そいつは知らなかった。今度から覚えておくよ」

もっとタチの悪いパターンでは、

「だって、普通は言うじゃないか」
「あれ? お前には言ってなかったっけ?
死んだじいさんの遺言で、俺は何ごとも普通にはできないんだよ」

もちろん、全てのアメリカ人がこんな言い方をすると言いたい訳ではありません。でも、そんな言い方が許されること自体、ちょっと逞しいじゃないですか。
「多数派に属するかどうかで自分の人格が測られることに対しては断固として抵抗する」という気構えが現れているように、私には思えるのです。

一方で日本人、あなたや私の場合はどうでしょう?
「普通でない」などと言われると、途端にものすごく不安になったりしませんか?

言う側も言われる側も、大きな問題を抱えているような気がしてなりません。


「正常」という言葉も「普通」に似た使われ方をしています。要するに多数派が正常なのです。

例えば健康診断の結果、ガンマGTPや中性脂肪が高いと言われても、自分以外にもそういう人が少なくないというだけで、「こんなものは病気のうちに入らない」などと勝手に「正常化」して、再検査を受けなかったり暴飲暴食をやめないでいる人がいませんか?

「みんなで渡れば恐くない」という、根拠のない多数派信仰です。


健康診断と言えば、「健康」という言葉にも似たような響きがあります。

上で述べた例とは正反対に、健康診断の結果、ひとつでも基準値からはみ出したものがあると、急に不安になって「自分は病気(=異常)だ」と大騒ぎする人もいます。

肉体の健康は、まだ健康診断の結果によって明確に数値化されるため、いくらか客観化されますが、「心の健康」などと言われるとなんだか怪しくなります。

「不健康だ」という言葉で他人の趣味や嗜好を制限しようとする人がいます。
「不健全」という言葉は、誰にも迷惑をかけていない人間を取り締まるための切り札です。
でも一体何が健康・健全なのかというと、そこには何等どっしりした基準はないのです。

「みんなと同じであることが健康である」と勘違いしてしまうと、もうそれだけで心の平穏は保てなくなってしまうのです。


私たちは生きて行くために外界とうまくバランスを取って行く必要があります。同時に自分の心の中のバランスも保たなければなりません。

他人と同じ行動を取ることで心の平穏が保たれる人もいるでしょう。反対に、自分が多数派とは違う主張をすることによって、全体として良い効果を生むこともあります。他人の中に埋没してしまうと自分の心のバランスを崩してしまう人もいるのです。
普通とか正常とか健康といったものは時として重い束縛になってしまうのです。

内なるバランスと外とのバランスの、ふたつのバランス同士のバランスがうまく取れること──それが本当の「健康」ではないでしょうか。そのためには、別に「普通」である必要もないし「異常だ」と言われたって構わない──私はそんな風に思っています。

「普通」というのは案外危険な思想なのです。

Copyright©yama-a Jun.2001mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ