敬語の稽古

若い人たちが敬語を使えなくなった──これは事実でしょう。
ただ、それはここ最近の傾向ではなく、多分ここ何十年も言われていることだと思います。

一方で、若者たちといえども、やはり会話によって人間関係を円滑に保って行きたいという思いはあるのであって、それが最近の「断定を避ける言い回し」に繋がっています。

このことについては多くの人が指摘しているのでここで詳しく書く気はありませんが、例えばむやみに「とか」をつけたり、「そうじゃなくて」と言う代わりに「て言うか」と言い、「て感じ」を文末に添えたり、疑問文みたいな尻上げのイントネーションにしたり、等々。

レストランで注文すると、「Aランチでよろしいでしょうか」ではなく「Aランチのほうでよろしかったでしょうか」などと復唱されるのも、言っている本人は丁寧語のつもりなのだろうなと思います。

今回私が言いたいのは、敬語が廃れるのは人を敬う気持ちがなくなったからではない、ということです。いや、言いたいのはもっと深い部分で、そもそも人を尊敬するから敬語を使うのではない、ということです。敬語は単に人間関係を円滑に運営するための技術なのです。

若い人たちの中に、もし「あんな奴、尊敬できないから敬語なんか使う必要がない」と思っている人があれば、私は「そんな人に対しては是非敬語を使っておきなさい」と言いたいのです。

年齢や役職が上だというだけで偉そうにする(つまりおよそ尊敬できない)奴ほど、自分に対して敬語を使わなかったことを根に持ったりするのです。逆にそんな奴はバカだから、適当に敬語を使って表面を整えてさえおけば結構機嫌が良かったりするものです。

たとえ心の中で軽蔑しながら敬語を使われていても全く見抜けないバカもたくさんいます。逆に、人格者であれば、たとえ相手がうわべでは敬語を使いながら心の中では軽蔑しているなと気づいても、それだけで大騒ぎしたりはしないものです。

礼儀というものは心から入るものではなく形から入るものなのです。

心は後からついてきます。

それは「敬語を使っていれば後から自然に尊敬の気持ちが生まれてくる」というようなものではありません。敬語を使う習慣がつけば、相手が嫌な奴であってもむやみにぞんざいな態度を取って不用意に刺激したりすることがないようになる、ということなのです。あるいは、敬語を使うことによって自分が落ち着いてくるのです。

敬語を使うメリットはその程度のものです。でも、使わないデメリットに比べれば遥かに大きいと言えるでしょう(バカを不用意に刺激すると痛い目に遭いますよ)。

若者諸君、もし君が嫌な奴やうるさいオヤジと話す機会があるのであれば、是非とも敬語をマスターしたまえ。
それは形であって心ではありません。

スタイルであって宗教ではありません。

君たちの言葉よりは少し複雑で難しいかもしれないけれど、基本的には「とか」や「て言うか」の別バージョンだと考えれば良いのです。

Copyright©yama-a Jun.2001mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ