明治生まれのPの音

「石田さんはいい人」を書いたせいでしょうか、30年前に亡くなった祖母のことを思い出しました。

彼女はパ行の音が発音できませんでした。デパートはデバート、アパートはアバート、大好きだったプロレスのことはクロレスと言ってました。

何故なんだろうと暫く考えたのですが、それはきっと日本語にはPの音がないからだろうというのが私の結論です。

「日本語にもPの音はあるよ」と言われるでしょうね。

確かに、「乾杯」「梱包」「漢方」「合併」「突風」「出品」など、日本語の中にもPの音を含むものはたくさんあります。ただし、上に挙げた6つの例の、後の方の漢字を読んで見てください。「はい」「ほう」「ほう」「へい」「ふう」「ひん」と、いずれも本来はHの音なのです。

これらに共通する特徴は、直前に撥音または促音があることです。即ち、直前に「ん」または「っ」が来ると、HはPに変わるのです。

そう言えば祖母はフィリピンのことをフイリッピンと発音していました。「フィ」が発音できないから、まずそこが「フ・イ」と「分割払い」になり(ファンレターもフアンレターと言ってました)、「ピン」を発音するために無理やり促音を挿入したのではないかと思います。

もちろん、日本語においてPの音は全て撥音や促音の後に現れるわけではありません。例えば「パラパラ」とか「ポンポン」とか「ピカピカ」とかいう擬声語・擬態語の類などはそうです(でも擬声語・擬態語以外には、パ行で始まる日本語を探すのは難しいみたいです)。

祖母はこれらの単語をきちんと発音できていたのでしょうか?

あまり記憶はありませんが、足がしびれた時には「ピリピリ」ではなく、確か「ビリビリする」と言っていたような気がします。プロレスもクロレスになるくらいだから、例え語頭にあっても、あまりちゃんと言えなかったのではないでしょうか。

ひょっとしたら、上に挙げたような、Pで始まる擬声語・擬態語は、祖母が若かった大正時代にはまだあまり一般的ではなかったのかもしれません。

発音できない音を置き換えてしまうのは、日本人が昔からやってきたことです。祖母のフィリピンの例でのFやVの音、ティやトゥ、ディ やドゥ、それにもちろんTh の音などは、元来日本語にはなかったものなので、適当に書き換えられることになりました。

ベテラン(veteran)、ツリー(tree)、クレジット(credit)、ジレンマ(dilemma)、ズロース(drawers)、ロマンチック(romantic)などの単語は、日本に入って来るのがごく最近だったなら、多分別の表記になっていたでしょう。

発音や表記にさえ時代はあるのです。そして、古くからあるものは意外にいつまでも生き残って行くということです----人間は別として。

次回は「では、どのように書くのが一番適当か」について考えてみます。

Copyright©yama-a Jul.2001mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious