考えた挙句

前回、ベテラン(veteran)、ツリー(tree)、クレジット(credit)、ジレンマ(dilemma)、ズロース(drawers)、ロマンチック(romantic)などの単語の表記について書きました。

ではこれらの単語は、今ならヴェテラン、トゥリー、クレディット、ディレンマ、ドゥローズ、ロマンティックと表記すべきなのでしょうか。

発音に忠実に書きたいというのは理解できますが、これを突き詰めて行くと確実に壁にぶつかるのです。

Vにはいつもヴを用いるべきなのでしょうか。
スチーブン・スピルバーグではなくスティーヴン・スピルバーグと書かなければならないのでしょうか。

となると、バイオリンはヴァイオリン? それともヴァイアリン?
バレーボールはヴァリボール、ベンチャーはヴェンチュア?
コンビニはコンヴィニか? いや、それともカンヴィニかなあ。

犬の病気はジステンパーではなくディステンパー。デパートはディパート。エレベータ(エレヴェイタが正解?)の会社のオーチスはオーティスに社名変更をしなければならなくなります。

明日からテレビのことはテレヴィ、ラジオのことはレイディオウと書くのでしょうか?

このように元の発音を意識し始めると大変面倒くさいのです。それでも、超人的な根気を持って全て書き換えて行くというのであれば、それもまた一興でしょう。

でも、じゃあ Th の音はどうするのでしょう? 新しい文字を発明する必要があります。
L と R はどうやって区別するのでしょう?
see と she、bees と beads、shatter と shutter、par と per はどう区別して書くのでしょう?

それよりも何よりも、日本語では原則として子音は母音と1セットで使われます。英語のように子音が単独で使われている場合、日本語の表記では、便宜的にウ段の音(ボールのル)やオ段の音(デパートのト)、まれにイ段の音(ストライキのキ)などを充てていますが、それじゃあダメでしょう?

で、結論としては、あまり深く考えるのはやめませんか、ということです。

日本語で英語を書き表すこと自体がすごく不毛なことなのです。
(昔は今みたいに安易に外来語を用いずに、freedom を自由、philosophy を哲学などと、日本語で新語を作って訳していたのです。このほうがよほど偉いよね)

だから、小うるさい私も外来語の表記には極めて寛大です。
チケットでもティケットでも、バンパイヤでもヴァンパイアでも、何でもOK。

いつもいつも考えすぎて、その結果逆にどうでもよくなるのです。
でも、そんな自分のことを、実は結構いとおしく思ってしまったりもします。

人生、良く考えるべし。そして、寛大な心を持つべし。
大事なのはこのプロセスではないでしょうか?

Copyright©yama-a Jul.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ