変わり行くことば

「お葉書を頂いた方の中から抽選で100名様にプレゼント致します」

テレビでよく耳にする表現ですが、実はこれは間違いなのです。
旅館やレストランなどで「3名様、ご案内」と言っている、あれもマズイ表現です。

うちの会社は割合その辺りのことにうるさいので、滅多にそんな言い方はしていません。生放送でタレントさんが「あ、言っちゃった」というケースはあるかもしれませんが、事前に収録した番組で局アナが原稿を読んでいる場合は、大概「100人の方(皆様)に」と言っているはずです。

ものを「1個、2個」と数えるのと同じように人間を数えるときに使うのが「名」です。だから、「名」には尊敬や丁寧のニュアンスは全く含まれていません。「お客様を数えるのに、ものと同じように扱う気か?」と言われると反論のしようがありません。

また、「名」はもともと軍隊用語でした。
「田中上等兵以下3名、ただ今到着致しました」という風に使っていたので、尊敬語ではなくむしろ謙譲語のニュアンスのほうが出てしまいます。

という訳で、重ねて書きますが、尊敬語・丁寧語として「名」を用いるのは誤りなのです。

ところが、先日たまたま会社にあった辞書を見ていたら、「名」のところに、『「名」のほうが「人」より丁寧である』と書いてあったのでびっくり仰天しました。

これは多分テレビの影響ではないでしょうか?
テレビが誤った言い方をして、それが世間に広まって、ついには国語辞典まで認知した、という構図なのではないでしょうか。

言葉はこんな風に常に変わりつつあるのです。

そういえば、今年の5月のある日、日経新聞の朝刊のコラムを読んでいたら、「今や『五月晴れ』と聞いて『梅雨の晴れ間』だと思う人はいないだろう」と書いてあって、これまたびっくり仰天しました。

世の中は、というか、言葉はそこまで変わっていたのか、とショックを受けてしまいました。

私にとっては、「五月雨(さみだれ)」が「梅雨」のことだから「五月晴れ」が「梅雨の晴れ間」であることは至極当然のことでした。

「五月晴れ」が単に「5月の晴れた空」のことなら、わざわざそんな言葉が存在する必要がないのです。逆の言い方をすれば、もし「五月晴れ」が単に「5月の晴れた空」のことなら、「一月晴れ」から「十二月晴れ」まで12種類の言葉があるはずなのです。

鬱陶しい梅雨の季節にたまにカラッと晴れあがった爽快感を表す言葉が「五月晴れ」なのです。
「天高く馬肥ゆる」季節の晴れた空を言い表す言葉が「秋晴れ」なのです。

極めて特徴的であるからこそ、他の月や季節にはなくて(旧暦の)5月や秋だけに許された表現なのです。

多分私は今後も「五月晴れ」を「梅雨の晴れ間」の意味で使うでしょう。
でも、世間が私を取り残して変わって行こうとしていることに気がついてしまったので、今後他人には「それは間違ってるよ」と言わないかもしれません。

それが私の「言葉」に接する態度です。

決して付和雷同ではないのです。自分の言い方は変えません。でも他人に強制するほど頑なではないということです。

何故なら、言葉は変わって行くものだと知っているからです。

何故他人に強制しないかについては、別の機会にもう少し詳しく書くことにします。

Copyright©yama-a Aug.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ