徹夜

私は「徹夜」という言葉の意味がよく解りません。いや、意味は解っているのですが、どう言う場合に使って良い言葉なのかが判らないのです。

「徹夜」という言葉自体は夜寝ないことです。いや、「昨夜は却々寝つかれなくてとうとう徹夜になった」という表現はあまり聞かないので、単に寝ないということではなく、夜を徹して何かをするという意味です。

では一体何時から何時まで起きていれば「徹夜」という言葉を使って良いのか、というのが私の長年の疑問なのです。

放送局なんぞに勤めていると徹夜明けの人にたくさん出会います。顔を合わせた最初の一言が「昨夜は徹夜になっちゃったよ」てな具合です。

で、彼が言わんとしていることは、単に彼が夜通し働いていたという事実ではなくて、

の内のどれか1つ、または2つ、場合によっては全部な訳です。

私の目の前に立ちはだかってそんなことを伝えようとしている報道マンに、「で、あなたは一体何時から寝てなくて、そんな風に言うんですか?」などと尋ねるのはちょっと気が引けます。それは相手に対して、

「お前は恵まれた環境で手抜きの仕事をしているくせに、体力がないからそんなことを言うんだ!」

と言っているに等しいからです。

しかし、実際のところ、彼は朝まで仕事をしてその後一睡もしていないのでしょうか(そして、そういう場合のみ「徹夜」という表現が許されるのでしょうか)?
それとも彼は7時に仕事を終えて2時間だけ仮眠を取ったのでしょうか(そういう場合でも「徹夜」なのでしょうか)?

彼は昨日の朝起きてから、ずっと起き続けているのでしょうか?
それとも昨日は昼過ぎまで寝ていて(うちの会社の場合そういう可能性もかなり高い)、その後ずっと起きているのでしょうか(前の日どんなに寝ていても徹夜は徹夜なのでしょうか)?

そういうことがすっごく気になってしまうのです。

「そんなこというけど、お前だって徹夜ぐらいしたことあるだろう」と言われるかもしれませんが、実はあまりないのです。私は夜充分に寝ないとやって行けないタイプなのです。つまり、身体が弱いんです。

できれば1日最低7時間は寝たいと思います。5時間だと日中かなり眠い。だから、ハワイでイベントを立ち上げる仕事をした際に2〜4時間しか眠れない日が続いた時にはもうフラフラでした。ホテルのロビーを歩いていたら従業員に「お前ドラッグやってんのか?」と聞かれたくらいです。

本当に徹夜(?)をしたのは学生時代の麻雀以来ありません。

学生時代は時々朝まで麻雀をやりました。でも、そのあと、仮に朝飯を食べる間は辛うじて起きていたとしても、昼飯までの間にはまず間違いなく寝てしまいました。そういう時って、つまり朝飯食ってひと寝入りして起きた後でも「昨夜は徹夜だぜ!」と胸を張って言えるのでしょうか?

私はなんだか後ろめたくて、そう言う場合は「徹夜」という言葉が使えませんでした。それは麻雀をしていたからなのか、寝てしまったからなのか、自分でもよく判りません。

これって徹夜コンプレックスなんでしょうかね。体力コンプレックスですかね?

つまるところ、「徹夜した」と言いまくっている人が伝えたいのは、「連続何時間仕事をしている」「いつから寝ていない」というような厳密な事実関係ではないのです。

先ほどは「同情してくれ・偉いだろ・参ったか、のうちのどれか1つまたは2つ、もしくは全部」と書きましたが、もっと辛抱して聞いてあげるならば、多分、

という極めて情緒的で、果てしない主張であるような気がします。

解りました。もう「何時間寝ていないか」は聞きません。今日は帰って寝てください。
お休みなさい。

でも、今度起きたら、本当はいつから寝てなかったのか、こっそり教えてね。

Copyright©yama-a Aug.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ