間違った言葉遣い

「その言葉遣いは間違っている」と、折に触れて私は言っている訳です。

言いすぎて嫌われてしまうと誰も聞く耳を持たなくなるので、その辺りは難しいのですが、それにもまして、何を以って「間違っている」とするかが難しいのです。

世の中には大まじめに「最近言葉が乱れている」などと言う人がいます。しかし、考えてみれば、言葉というものはいつの時代でもずっと乱れたり揺れたりし続けているのです。そういうことを繰り返しながら言葉は変遷して行くのです。

「枕草子」を読む時には古語辞典が必要でしょう?
なぜ平安時代の日本語と今の日本語は随分違うかと言えば、それは言葉が日々変化し続けているからなのです。

もしも昔からの言い方のほうが正しいのであれば、一体どの時代まで遡れば良いのでしょうか?

「それは極論だ」と反論する人がいます。「いつの時代にも、その時点で正しい表現というものがあるのだ」という主張です。でも何を基準に正しいと判断するのでしょうか? どこを探しても、何等絶対的なものなどないはずです。

まるで「何が猥褻であるかは社会通念によって決まる」という法律の条文みたいなもんです。いずれも私には納得が行きません。

例えば、「捏造」という言葉があります。普通は「ねつぞう」と読みます。でもこれは本来「でつぞう」でした。辞書には「でつぞうの慣用読み」と書いてあります。「本来」と「慣用」とでは、正しいのは「本来」のほうでしょうが、「慣用」のほうが強いに決まっています。

だから私は「でつぞう」とは言いません。「間違って覚えている」と思われるだけだからです。

同じように「座右の銘」という言葉があります。これは「ざゆうのめい」と読みます。でも、これももともとは「ざうのめい」だったらしいのです。幸いにして今ならまだ、 IME は「ざうのめい」でもちゃんと変換してくれます。でも、いずれはしてくれなくなるでしょう。

だから私は「ざうのめい」とも言いません。

結局そうやって自分で選んで行くのです。社会通念なんて奴は何も決めちゃくれません。

さて、自分が言う場合には自由気ままで良いのですが、他人の誤りを指摘するとなると、言うべきか言わないべきかかなり迷ってしまいます。

結局のところ、指摘することによって自分が馬鹿にされるだけなら言わない、指摘しないことによって彼(または彼女)が恥をかくことになるのであれば教えてあげる、というのが私の判断基準です。

周りを見て決めるなんて、日和見主義ですか?
でも日和ろうが日和るまいが言葉は移ろって行くのです。個人の意志を大きく超越した勢いで。

そしてその大きな流れに逆らってみるのも、それはそれで正しい生き方だと思っています。
大事なのは自分で判断して自分で決めることです。

社会や環境は何も決めてくれやしません。

Copyright©yama-a Sep.2001mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ