サマにならないサマ

ミスター(Mr.)の複数形ご存じですか?
──メサーズ(Messrs.)ですね。
Messrs. Brown and Thomas (ブラウン、トーマス両氏)という風に使います。
私も現実には一度も目にしたことはありませんが、皆英語の授業で習っているはずです。

では、「様」の複数形ご存じですか?
──「様々(さまざま)」? ウィットに飛んだ答えですが不正解です。

正解は「各位」。

厳密に言うと「様」や「殿」の複数形が「各位」という訳ではなくて、対象となる相手がひとりなら「様」や「殿」、多数なら「各位」を使います。

つまり、田中や野村営業部長や代官に対する文書では、「田中様」「営業部長 野村一郎殿」「お代官様」と呼びかけ、複数の関係者や組合員に呼びかける時は「関係者各位」「組合員各位」などとなる訳です。

では、田中さんが田中姓の一族郎党15人を引き連れて現れたらどう呼ぶか?
──この場合は「田中家ご一同様」か「田中様ご一行様」になるでしょう。
田中夫妻2人の場合は?
──うーん、この場合は複数でもやはり「田中様」でしょうか。

さっき書いたことがいきなり辻褄が合わなくなってきたみたいですが・・・。

いずれにせよ姓名が前に来た時は「各位」は使わないようです。また、相手が誰と誰というようにはっきりしている場合は「各位」ではなく「様」が用いられる傾向が強く、かつ「各位」が使われるのは書き言葉の時だけのようです。

「各位」と「様」はこのように使い分けるものですから、両方並んで使われることはありません。例外的に「お客様各位」という表現がありますが、この「様」は「お」と一緒に「客」にへばりついて1単語になってしまったものです。「客各位」では馬鹿にしているみたいだから仕方ないでしょう。

「各」の字の印象から「各位」の意味を each one や everybody (=各自、皆)だと思い込んでいる人がいますが、そうではありません。そう思いこんでいる人がやってしまうのが「各位殿」という表現で、これは誤りです。

書いた人は 「皆様へ」くらいのつもりでしょうが、残念ながらそうはなりません。
「皆様へ」と言いたければ、単独で「各位」と書けば良いのです。「各位殿」だと英訳すると Messrs.Mister(s) になってしまいます(いや、Mr. Messrs.ですかね)。

1980年代にMR.ミスターというバンドが活躍していましたが、あのバンドを複数連れてきて呼びかける時にしか「各位殿」は使えないということになります。

しかし、考えてみれば、バンドのくせに「MR.ミスター」なんて単数の名前をつけてくれるから、この文章が余計ややこしくなってしまいました。

このごろはヒット・チャートを眺めていても、どちらが曲名でどちらがグループ名なのか判らないケースが増えてきました。これについて書き始めると長くなるので別の機会にします

今日はとりあえず、「各位殿」はMR.ミスターに呼びかける時にしか使えない、と憶えておいてください。

ではまた、次号でお会いしましょう。

賢明なる読者各位

Copyright©yama-a Sep.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ