ギョーカイ用語と芸能界言葉

「放送局に勤めています」などと言うと、よく聞かれることが2つあります。

  1. あなたはアナウンサーですか?
  2. 夜中でも「おはようございます」って言うんですか?

1)は単なる「発想の貧困」ですね。で、今日のお題は上記の2)についてです。

まず答えから言うと、私たちは夜中に会って「おはようございます」とは言いません。

夜中でも「おはようございます」と言うのが「ギョーカイ用語」だと思っている人がいるとすれば、それは誤りです。それは放送業界の言葉ではなく、芸能界の言葉なのです。

だから、タレントさんやマネージャー(ジャーマネ)さんたちは、夜間にスタジオ入りした時でも「おはようございます」と言います。当然私たちは彼らに対しては「おはようございます」と応じます。でも、のべつ幕なしに社員同士で「おはようございます」を連発しているかといえば、決してそんなことはないのです。

では、何故彼らは夜中でも「おはようございます」と言うのでしょうか?

一説によると、「朝であろうと夜中であろうとその日の仕事で最初に顔を合わせた時には、おはようございますと言うのだ」とのことです。

これは「おはようございます」が使われる状況を正しく説明してはいますが、理由についてはちゃんと説明できていません。「最初」=「おはよう」というのはやや強引な結びつけだと思います。

私は、意外にも単純なことが理由ではないかと思います。

それは、「おはよう」には「おはようございます」という丁寧形があるが、「こんにちは」や「こんばんは」にはそれがないということです。結局一番丁寧な表現がオールマイティとして選ばれたのではないでしょうか。

で、話は元に戻りますが、私たちは確かに放送特有あるいはマスコミ特有のギョーカイ用語を駆使していますが、それはどの業界で働く人も同じであって、それぞれの業界にそれぞれの業界用語があるはずです。

むしろ、驚くべきなのは、芸能界の言葉のほうです。それは一般社会から隔絶された、かなり独特の言葉です。

ある放送作家から「ヤマエーちゃんさあ、こないだワイハに行ってきたのよ。それでさあ」などと話しかけられて、「へえ、そういう逆さ言葉って、本当に使うんだ」と感心したのが最初でした。

ナオンとかシータクというのはさすがに耳にしたことがありませんが、デルモやシーメ(飯)は時々聞きます。クリビツ・テンギョウ・イタオドロ(びっくり仰天驚いた)なんてのもありました(これは多分芸能界でも一般的ではないでしょう)。

ある大物タレントが5万円のことを「ゲー万円(G万円)」と言っているのを聞いて、「ああ、今でもそういう風に言う人はいるのか」と驚きました。

あの世界は本当に不思議な世界です。言葉ひとつをとっても、私たち一般人を容易に寄せつけない感があります。

もっとも、まるで自分も大物芸能人の一員であるかのように、芸能界言葉を使いまくっているテレビ局社員もいるにはいるんですよね・・・。

業界言葉って、帰属意識を裏打ちするものだから、そこに帰属したいと思う人たちが多ければ、実際のメンバー以外にも広がってしまうんですよね。

でも、芸能人でもないのに芸能界の言葉を使おうとする人って、一生懸命標準語で話そうとする田舎出の人みたいで、私は少し哀しい気がします。

Copyright©yama-a Oct,2001mark

目次へ 次号へ 前号へ