言語不毛の地?大阪

東京都内で生まれ育った妻と、大阪府下で生まれ育った私が出会い、そして結婚しました。
私はこれを The-east-meets-the-west marriage と呼んでいます。

妻にとっては、関西という土地はどうしても文化不毛の地に見えるようです(まあ、仕方がないけどね)。

言葉ひとつとっても、例えば、(東京弁で言う)「しょっぱい」も「からい」も関西弁では同じ「からい」になってしまうなんて信じられない、と言います。

「しょっぱい」は敢えて言えば「塩辛い」、塩が多かったり醤油や味噌などが濃い場合を指します。「からい」は本来トウガラシやワサビなどのピリッとした辛さを表す言葉です。それを同じ「からい」で済ませてしまう神経が解らないと言います。

でも、そういうことは色んな言語間で起こることなのです。例えば、英語では「暑い(熱い)」も「からい」(ピリ辛のほう)も hot で済ませてしまうんですから。

「語彙の豊富さが文化程度の高さを表す」という仮説が正しいのか正しくないのかについては文化人類学者にでも任せるとして、大事なことは2〜3の事例で判断してはいけないということです。

例えば、日本語では「お湯」と1語で表せるものが、英語では hot water と2語を費やさなければなりません。なんと不便な言語なのでしょう。程度が低いと思いませんか?

でも、視点を変えれば、同じH2Oという液体なのに、日本語では温度によって名前が変わってしまうんです。hot water という英語の方が遥かに論理的だと思いませんか?(ちなみに、固体や気体に変化した場合は日本語でも英語でも別の単語を充てています)

話を元に戻しましょう。
妻がよく理解できないと言うことがもうひとつあります。

関西では単に「肉」と言えば通常牛肉のことを指します。だから、豚肉の入った饅頭のことは「肉饅」ではなく「ぶた饅」と言います。「肉じゃが」に使うのは普通は牛肉です。「肉でも食おうか」と言って豚肉料理を食べに行くことはありません。

「なんでー? 豚肉だって肉じゃない?」と妻は言います。

でも、そんなこともまた、よくある現象なのです。

例えば、日本全国ほとんどどこへ行っても、単に「卵」と言えば通常「鶏卵」を指します。「卵料理」と銘打ってウズラの卵やタラコが出てきたら驚くでしょう?

それとおんなじで、「肉」だと言って魚肉ソーセージが出てきたら「なんじゃそりゃ」と思うでしょう?
「魚肉だって肉じゃない」とは言わないでしょう?

単に「何をもって代表するか」というだけの問題なのです。そして、それは近隣に牛肉の産地が多いかどうかとか、食習慣が牛肉中心かどうかといった、純粋に文化的な側面に言葉が対応しているだけなのです。

今回は、言葉を2つ3つ比較しただけで「関西は民度が低い」などと断定してはいけない、ということを書きました。

しかし、これは「関西は文化程度が高いんだ」と言っている訳ではありません。

何の論理的根拠もなく、「何と言うても関西がイッチャン(一番)や!」と脳天気に言っているオヤジが関西に多いのは、否定できない事実であるとは思います。

Copyright©yama-a Oct.2001mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ