牛海綿状脳症に思う

狂牛病という名前は一体誰がつけたのでしょう?
多分「狂犬病」から連想したのでしょうが、それにしてもあんまりな命名だとは思いませんか?

「狂」という字については、「時計が狂う」「計算が狂う」「手許が狂う」「調子が狂う」などの用法は残っていますが、最近人間に対してはあまり使われなくなりました。人間に対してこの字を用いることは差別的表現に繋がる、というのが今や一般的な理解でしょう。

人間に対して差別だとしたら、犬や牛に対しても可哀想だと思う人がいても不思議ではありません。

ただ、狂犬病というのは(実際に見たことはないのですが)、犬がのべつ幕なしに噛みつくようになったりする病気で、「人間の最も忠実な下僕」という犬のイメージを大きく裏切ってしまう訳だから、「狂」という字を使いたくなる人間のほうの心理も解らないではありません。

それに対して狂牛病のほうは?

果たして牛が人間に噛みつくのでしょうか?
むやみに人間に体当たりしたり踏み潰したりするようになるのでしょうか?
「牛肉を食べられなくする」という形で間接的かつ最終的には人間に害を及ぼすのは確かですが、牛が能動的に害を及ぼすのではありません。

牛はいつも受動的です。狂牛病の原因となる肉骨粉を食べさせられたのです。草食動物である牛が、人間によって共食いを強制されたのです──ただ、この点をあまり追求しすぎると単にヒステリックなだけの自然保護論になってしまうので、これ以上は言いません。

私が言いたいのはもっと直感的で単純なことで、狂牛病の牛が歩けなくなって無残に倒れるシーンをテレビで見るたびに、つくづく「狂牛病」という名前は身勝手で一方的だと思うということです。

「狂」という字には、「はっきりと原因は分からないけれど(あるいは、ちょっとしたことの違いで)調子がおかしくなる」というニュアンスがあります。人間の精神の障害に対して「狂」という字が使われなくなって来たのは、次第に原因が解明されてきたからではないでしょうか?

狂牛病の場合は既に原因もはっきりしています。そして何よりもまず、脳がスポンジ状になってしまっているような病人(牛)に、私はこの字を充てる気にはなれません。

狂ったのは牛でしょうか? 牛を育てている人間のほうではないでしょうか?(いや、この表現は良くないか!)

牛を育てている人たちの計算が狂った、いや誰にもそこまで読めなかったというのが真実なんです。
はっきりしないことが多い中で、牛が狂ってなんかいないことは一番確かな真実のはずです。

この病気に「狂」という字を使った奴はよほどセンスのない奴だったのではないでしょうか。
「狂犬病ってのがあるから、狂牛病で良いか」──そういう安易な発想です。

そして、果たせるかな会社でも学校でも世間でも、同じような安易な発想で物事を決めてしまう奴がいて、その安易な決定に乗っかって動いてしまうもっと大勢の奴らがいるのです。そのことを考えると大変恐ろしい気がします。

明日から自分独りだけでも、「狂牛病」ではなく「牛海綿状脳症」と言うようにしようかな──そんなことを考えてしまう今日この頃です。

Copyright©yama-a Oct.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ

[追記]

この文章をアップロードしたのが10月27日。その2日後の29日の朝日新聞朝刊の「ひと」欄にウィルス学者の山内一也氏のインタビュー記事が載りました。

山内氏は言っています。

「『狂牛病』という呼び方には反対です。牛は狂ってはいない。『牛海綿状脳症(BSE)』を使ってください」

どうやら私独りではなかったようです。


[追々記]

その後いつの間にか、テレビも新聞も「BSE、いわゆる狂牛病」と表現するようになりました。

そのことは別に大した事件ではありません。でも、皆が普通の感覚を持っているのだということが判ってほっとしたような気分です。