それでも英語が通じました

世の中にはひどい英語を喋っている日本人がたくさんいます。しかし、それは日本で育った日本人なら仕方のないことです。

誰だって自分では気づかないままとんでもない英語を喋っていたり、解っているはずなのに間違えて後から赤面したりすることがあります。

かく言う私もそのひとりです。

一番プリミティブなミスとしては、tomorrow と yesterday を間違えたことがありました。

父の取引先の外人から家に掛かって来た電話でのことです。当時、私は大学生でした。

「ヨシはいますか」
「彼は今出張に出ていて、いません」

と、ここまでは、聞くほうも喋る方も完璧なやりとり(もちろん英語で)でした。するとその後、相手はこう言いました。

"When will he be expected?"

これが1回で聞き取れたのがまずかった!

私は、「なーるほど、そういう風に言うのか」と大いに感心しました。「 expected の後に to be back が省略されているんだな。彼はいつ戻ると期待されるか、とは如何にも英語らしい論理的な表現だ!」

などと、一瞬感心していたら、"Tomorrow." と答えるべきところを "Yesterday." と答えてしまいました。相手はたっぷり2秒フラットくらい沈黙してからこう言いました。

"Um.... Tomorrow?"
"Oh, yes, tomorrow. I'm sorry. Tomorrow."

と、狼狽する私。「いやはや、私としたことが面目ない。tomorrow と yesterday を間違えるとは!」と言いたかったのですが、言えたのは "I'm sorry" だけ。ニュアンスがちゃんと通じたかどうか甚だ疑問です。

私の姉は、新婚旅行の際に、レストランで水を一杯もらおうとして、"A glass of water, please." と言うべきところ、"A cup of water, please." と言ってしまったために、スープ用のカップにお湯を入れたものを出されたそうです。

みんなこういう恥ずかしい間違いをやってるんですね。

でも、それどころではない、もっともっとものすごい間違い英語を聞いたことがあります。
確かバリ島のホテルだったと思います。

到着したばかりの若い日本人女性が、バゲージを運んでもらおうとしてベルキャプテンを呼び止めた時の表現です。

こういう時、普通はどう言いますか?

呼び止めるのに一番妥当な表現は、"Excuse me." でしょう。万一その表現がどうしても浮かばなかったとしても、せいぜい "Please" とか、百歩譲って "Help me!"、どんなに下品になっても "Hey, bellboy!" くらいが許せる限界でしょう。

ところが、何と、その日本人女性はこう言い放ったのです。

"May I help you?"

おいおい、助けてもらうのはお前のほうだろがっつーの!

この人も一瞬の勘違いでそう言ってしまったのかもしれません。しかし、それにしてはあまりに平然としていたので、多分「外人に話しかける時は "May I help you?" 」と憶えていたのではないかと思います。

そう言われたベルキャプテンが "No, thanks" とでも答えてくれれば面白かったのですが、実際にはこともなげに平然とバッグを運んでいたので、見ていた私はまたびっくり。彼もまた全く英語が解らない人だったのではないか、というのが私の想像です。

そう言えば今思い出したのですが、六本木のフィリピン・バーでホステスに英語が通じなくて往生したことがありました。

閑話休題。

本屋に行くと、「通じる英語」なんて偉そうなタイトルをつけた本が置いてあったりします。

でも、私は「通じない英語」と「通じる英語」があるのではなくて、「通じないシチュエイション」と「通じる(時には通じてしまう)シチュエイション」があるだけなのではないかと思います。

通じないのは困ったもんではありますが、単に通じるのが偉い訳ではないのです。
本当に偉いのは、後になって何故通じなかったかが解ることではないでしょうか?

Copyright©yama-a Nov.2001mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ