頭を使った韻(押韻講座1)

ヨーロッパの言語や中国語の詩には、古くから韻を踏むと言う習慣があります。言うならば高級な言葉遊びです。

これに対して日本語の詩歌においては、七五調とか五七調といったように、調子を整えるのがメインであって、韻を踏むと言う習慣はあまりありませんでした。

最近になって、日本のミュージック・シーンにおいても、ラッパーを中心に、日本語で見事に押韻する人たちが出てきました。これはとても喜ばしいことだと思います。

彼らはとても自由な韻の踏み方をしています。それは日本語による新しい押韻を提唱するものだと思います。

今回は、その新しい日本語の韻ではなく、古くからある英語の押韻について書いてみたいと思います。

まず、韻には何種類かあります。
頭韻(alliteration)、脚韻(rhyme)、母音韻(assonance)などです。

韻文のことを英語では rhyme と言うくらいで、一番ポピュラーなのは脚韻です。残念ながら、日本人が一生懸命取り組んでいるのは殆どこの脚韻だけです。

だからまず頭韻について書いてみたいと思います。頭韻とは単語の頭の子音を揃えることです。

例えばミッキー・マウス/ミニー・マウス、ドナルド・ダック/デイジー・ダックというディズニーの2大キャラクターの2つのペアは、ともに mouse の m と duck の d で韻を踏んでいます。気がついてましたか?

ユニバーサルのキャラクターでは、ウッディ・ウッドペッカーとウィニー・ウッドペッカーのペアがこのパターンですし、昔のアニメ・ヒーローのマイティ・マウスも同じ例です。珍しく日本人が頭韻を踏んだものとしては、ファイナル・ファンタジーがあります。さすがに世界を目指す商品はネーミングまで世界的なのか、あるいは単なる偶然なのか・・・。

頭韻は実は英語ではかなり多用されているテクニックなのですが、日本人は気づくことさえなく通り過ぎてしまっていることが多いのです。

日本人に気づかせるためには2つのテクニックの合せ技にする必要があります。例えば氷川きよしの曲名みたいに。即ち、「箱根八里の半次郎」と「大井追っかけ音次郎」。

これは同じパターンを2曲続けろと言う意味ではありません。「箱根八里の半次郎」は h による頭韻と a の母音韻との組合せなのです。つまり「ハ」の頭韻です(「大井追っかけ音次郎」は同じく「オ」の頭韻です)。
これが例えば h による頭韻だけだと日本人は気がつかないのです。
やってみましょうか?

「彦根八里の風太郎」

気づかないでしょ?
日本語では頭韻だけでは弱いのです。
逆に a の母音韻だけでもダメです。これもやってみましょう。

「朝の8時にバス停で」

そもそも日本語の母音は基本的に5つしかないので、この程度のことはしょっちゅう起きている訳です。だから母音韻だけだと誰も韻を踏んだとは思わない。

日本語は母音と子音が常にセットで使われるので、頭韻には母音韻を組合わせないと、日本語っぽい押韻にはならないという訳です。

英語においては、「しっぺ返し」という意味の tit for tat とか、「無味乾燥な」という意味の dry and drab とか、「歳月人を待たず」という諺の主語に使われる time and tide とか、日常目にする表現にもたくさん頭韻が使われています。

ロックンロール(rock'n'roll)やヒップホップ(hiphop)というのも頭韻です。

もちろん歌詞や文学においてもあちこちで発見することができます。例えば、"Let it be" の歌詞中の "Whisper words of wisdom" なんてのは3つ並んだ綺麗な頭韻です。

日本でも古くは和歌の世界では、ナ行の音を多用して柔らかい感じを出したり、サ行の音を重ねることで木が風にそよぐ様を表現したりというテクニックがありましたが、もう完全に廃れてしまいました。

英米人も同じようにそれぞれの子音に独特のイメージを持っているみたいで、エドガー・アラン・ポーが「大鴉」という詩の冒頭で d の音を多用して恐ろしいイメージを醸し出したのは有名な話です。

このテクニック、日本語でも使えると思いませんか?
今後のラッパーの作詞に期待したいと思います。

次号はこの続きで脚韻の話を書きます。

Copyright©yama-a Nov.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ