足で稼ぐ韻(押韻講座2)

前回の続きで韻の踏み方について。今回は脚韻です。

映画「ロッキー」で、無名のボクサーであるロッキーが挑戦者に選ばれたのは、彼の Italian Stallion というリングネームをチャンピオンのアポロが気に入ったという気紛れからでした。しかし、「イタリアの種馬」と訳せるこのリングネームがアポロに受けたのは、単に意味だけのこと(ロッキーはイタリア系の移民だから余計おかしい)ではなく、これが完璧な脚韻を踏んでいるからなのです。

脚韻の定義はこうです。

2つ以上の単語の、アクセントのある音節の母音以降が全く同じ音であること。(アクセントは第2アクセントでも構わない)

解りますか?
つまり、Italian と Stallion の -alian と -allion が同じ発音になっていて(日本人はすぐに綴りに惑わされて「イタリアンとスタリオンでは同じ発音ではない」などと言い勝ちですが、辞書を引いてみてください。同じです)、共に最初の a にアクセントがあるのです。

これは、Italian と Stallion だから脚韻が成立しているのであって、例えば Italian と Indian なら脚韻にはならないのです。

英語で歌詞を書いている日本人ミュージシャンで、このことが解らずに脚韻を踏んだつもりになっているのを聴くと、少し悲しくなります。

action と nation では脚韻にならないのです。-tion は同じですが、ここにはアクセントがない、つまり弱拍部なので、韻は成立しないのです。

action には例えば transaction を、nation には例えば alteration を持ってこないと脚韻にはなり得ないのです。

何故こんなことが行われるかと言うと、英語の詩においては強弱のリズムを揃えるからなのです。強弱・強弱を繰返す2拍子だったり、強弱弱・強弱弱の3拍子だったりする訳です。強弱ではなく高低のアクセントしか持たない日本人にとっては却々解らない工夫なのです。

例えば、1行目の行末に prefer、2行目の行末に river を持ってくると、確かに -er の音は揃っているようですが、1行目の行末は弱強、2行目は強弱となってリズムが裏返ってしまうのです。

また、1行目の行末に Italian、2行目の行末に Indian を持ってくると、確かに -ian の音は揃っています。強弱も合っていますが、強拍部の音節が -al- と in- で揃わないのです。

See you later, alligator という言葉遊びが成立するのは、後半部分の発音が同じだからだけではなく、See you later も alligator も共に強弱強弱のリズムを持っているからなのです。

音とリズムの両方が解らない限り英語の韻は踏めないのです。例えば前章で掲げた whisper words of wisdom は w で韻を踏んでいるのみならず、強弱強弱強弱という綺麗なリズムを刻んでいます。

どうですか? 脚韻って思ったより奥深いでしょう?

ここまで踏まえた英語詞を書く日本人ミュージシャンに早く出会いたいものです。とりもなおさずそれは英語のリズムを理解したミュージシャンということになるからです。

もっとも、日本語の韻には何等こういう難しいルールがないので、ラッパーたちは皆それぞれに工夫して、日本語による非常に新しくて面白い韻を踏んでいます。

下手に英語で真似するより、日本語で発明するほうがよさそうですね。

Copyright©yama-a Dec.2001mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ