追いかけ始めた翻訳者

先月パソコンを買い換えました。で、OSが Windows XP になりました。

新しいOSになると「不便になった。前のほうが良かった」なんて思うこともしばしばなのですが、全体としてはやっぱり幾分快適になります。

マイクロソフト社のほうも新しいOSを売り出すにあたって、「あれが便利だ、これがすごい」と一生懸命宣伝している訳ですが、その中に新バージョンのエラー・メッセージがあります。

PC初心者にとってエラー・メッセージって怖いですよね。

私も最初のPCを買ってセッティングした初日に「一般保護違反」というメッセージを突きつけられて、「一体俺はどんな違反を犯してしまったのだろう!?」と途方に暮れたことがありました。

「例外0Eナントカカントカが発生しました」という奴も、「一体どんな例外的な事態に陥ったのか!?」と肝を冷やしてくれます。

それからあれです。例の「このプログラムは不正な処理を行ったので終了します」って奴。初めて目にした時には、あれは死刑宣告に等しかったですよね。

それが、今度の Windows XP では「申し訳ありません」と謝ってくれるのです。実は私もすでに1回謝ってもらっちゃいました、って何か得した気分。

ところで旧バージョンの「このプログラムは不正な処理を行ったので」という表現は、はっきり言って翻訳の失敗です。今回はそのことが書きたくてこのお題を選びました。

聞くところによるとあのエラー・メッセージの原文は、This program has performed an illegal operation,....なのだそうです。これを「このプログラムは不正な処理を行ったので・・・」とやってしまったのが大失敗です。

訳した人は次の3点が全く解っていません。

  1. 日本語において無生物が(動作動詞の)主語になるケースは少ない
  2. 日本語の「は」は必ずしも主語を表すものではない
  3. 日本語において主語はほとんどの場合省略可能であり、また実際に省略される

英文では This program が主語なので、翻訳者は機械的に「このプログラムは」とやってしまったのです。
つまり、原文では「不正な処理をした」のが「このプログラム」であることは明瞭です。訳者は「『は』をつけておけば、それが主語であることくらい判るだろ」と言いたいのかも知れません。しかし、日本語においては、そういう訳には行かないのです。

例えば「魚食べたくない」という表現は、形の上では「魚は」が主語であるように見えても意味の上では断じて主語ではありません。この「は」は「他と区別する」意味の係助詞なのです。「肉なら食べても良いが、魚は食べたくない」というような使い方です。意味上の主語はここでは完全に省略されています。

だから1つの文で「僕食べたくない」と2つの「は」を使うこともできます。
最初の「は」は確かに主語を表していますが、ここにも「他と区別する」ニュアンスが入り込んでおり、「ほかの人は食べたいかもしれないが、僕は食べたくない」という意味にも取れるのです。
この「は」は「・・・について言えば」と置き換えたほうが良いのかもしれません。

だからこの「は」はいくつでも重ねて使えます。
「今日食べたくない」と言えば「今日でなければ」「魚でなければ」「他の人はどうか知らないが」といろんなニュアンスが付け加わっています。

動詞にもつけられます。「今日は僕は魚は食べたくない」とすれば、「食べたくないんだけれども仕方がないから食べるかもしれない」ことを表現しています。

元に戻ってマイクロソフト社のエラー・メッセージの日本語訳について言えば、「このプログラムは」の「は」を我々は自然に「・・・に関して言えば」の意味に取ってしまうのです。

日本語では無生物が主語になることが少ないので、この「は」をすんなりと主語を表すものとは考えにくいからです。そうすると主語がなくなってしまいますが、日本語で主語が省かれるのは日常茶飯事なので、我々は頭の中で適当な主語を補って解釈する癖がついています。つまり、

このプログラムについて言えば、(あなたが)不正な処理を行ったので(コンピュータ側が)終了します。

こんな風に言われると、そもそもエラーにぶつかってパニクっているPC初心者にとっては、責め立てられているようにしか感じられません。
「お前が要らぬことをするものだからこんなことになったんだ。罰としてこのプログラムは終了するからな!」という風に。

あのメッセージを見て頭に来るのはこういうメカニズムだったのです。

それにしても、今度のバージョンでは(原文がどうなったのか知りませんが)冒頭から「申し訳ありません」とはいきなり下手にでたもんです。もうちょっと中間的な表現はなかったのでしょうか?

そもそも This program という無生物が主語になっている構文をそのまま日本語に置き換えたのが失敗だった訳ですから、「このプログラムの内部で不正な処理が発生しました」と意を汲んで訳しておけばそれで済んだのではないでしょうか?

あるいは「このプログラム」としておけばそれで済んだのかもしれません。

よく見ると日本語版Windowsの画面上には妙な日本語が跋扈しています。

例えば空のごみ箱を開けた時に現れる「ごみ箱には項目がありません」。
「えっ? 俺のPCのごみ箱は『項目』がついていない不良品なのか?」と思ってしまいます。

調べた訳ではないのですが、これは多分 There is no item in the trash box とか The trash box has no items の直訳なのでしょう。

どうして「このごみ箱は空です」という普通の日本語が書けないのでしょうか? 意味から意味へ置き換えるのが翻訳であって、単語を置き換える作業を翻訳とは言わないのです。

なんて思っていたら、この表記もどうやら Windows XP から廃止されたみたいです。 翻訳者が技術者の後方から漸く追いかけ始めたのかもしれません。

Copyright©yama-a Dec.2001mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ