チームワークという言葉

チームワークという言葉を教わったのは多分小学生の時だったと思います。

「みんなが力を合わせてひとつのことをやり遂げること」----先生は確かそんな説明をしたと思います。少しでも皆と違うことをやろうとすると、先生はすぐに「チームワークを乱してはいけない」と言いました。

でも、それって少し違うんですよね。最近つくづく思います。

チームワークという言葉はスポーツから来た言葉なのでしょうが、考えてみれば、日本古来のスポーツに、チームプレーを要求されるものは何ひとつありません。

国技の相撲にしても、あるいは剣道・柔道・合気道・弓道、いずれをとっても個人戦であり、2つのチームに分かれて争う形態のものが見当たらないのです。もちろん、社会人や学生の相撲とか柔道の大会には団体戦がありますが、それらは単に個人戦の集計結果で争うものです。

皆が力を合わせてやるものって、蹴鞠くらいしか思いつかないのですが、あれは2チーム対抗戦ではないですよね。

そんな土壌に、戦後民主主義とともにチームワークという概念を植え付けようとしたために、日本のチームワークは変なものになってしまったのではないでしょうか?

例えばチームのために犠牲になるとか、スター扱いしない、とか。

スポーツの世界では最近になって、「そんなものはチームワークではない」と気づいた選手たちが、次々と海外流出しているのではないでしょうか?

私は、チームワークというのは決して皆が同じことをすることではなく、一人一人がその能力や個性に応じた別々の働きをすることであって、言ってみれば「鶏鳴狗盗(けいめい・くとう)」のようなものだと思うのです。

鶏鳴狗盗というのは中国の故事成語で、孟嘗君という人の話です。

孟嘗君という人は、誰でも彼でも食客として抱え込む傾向があって、あまりにつまらない連中まで迎えるので結構顰蹙ものでした。
ところが、彼が窮地に陥った時に彼の命を救ったのは、賓客の末席にいたコソ泥と鶏の鳴き真似名人だったというお話です。

コソ泥のほうは、孟嘗君が秦の国の王妃に高級な毛皮を要求された時に、王宮の倉庫からそれを盗み出して調達して来ました。また、もう一人の男は、関所まで逃げてきた孟嘗君一行が、朝になって鶏が鳴かないと開かない扉の前で立ち往生している時に、鶏の鳴き真似をして扉を開けさせました。

会社勤めをしていると、時には鶏の鳴き真似くらいしか芸のない部下に恵まれることがあります。時にはコソ泥みたいな上司にお仕えする栄に浴することがあります。

そんな人たちをどう動かして行くかというのが私たちの仕事になるのです。

いろんな人たちの集まりが、ひとつの目的のために機能すること----それがチームワークなのではないでしょうか?( work は「機能する」という意味ですから)

コソ泥みたいな上司が、ある日どこかから重要な情報をいち早く仕入れて来るかもしれませんし、鶏みたいに部下が騒ぎ立てたお陰で、皆が危機的状況に気づくかもしれません。

極端な例かもしれません。

でも、一つだけ言えることは、皆が同じことをしているようでは team が work するはずがない、ということです。

Copyright©yama-a Dec.2001mark

目次へ 次号へ 前号へ