おせち料理の言葉遊び

あけましておめでとうございます。

皆さんきっと今頃は炬燵を囲んで歌留多をしながらおせち料理を食べておられること思います。

ところで、おせち料理は言葉遊びの宝庫です。小さい頃好き嫌いの多かった私は、母から食べ物にまつわる言葉遊びをひとつずつ教わって、つまり「○○は・・・だから食べなければならない」「さあ・・・するように○○を食べなさい」などと言われてしぶしぶ食べた記憶があります。

今回の記事はほとんど私の母に教わったことばかり、つまりおばあちゃんの知恵みたいなもんです。

おせち料理の食材については、何故お正月に食べるのかについてそれぞれの謂れみたいなものがあります。例えば、

黒豆
まめに働け
海老
腰が曲がるまで長生きするように
クワイ
早く芽が出ますように
蓮根
(穴が開いていて)先が見通せるように
かまぼこ
(仕事や勉強が)板につく
数の子
子宝に恵まれるように

などと枚挙に暇がありません。本来は市場が閉まっている正月休み期間中の保存食にすぎないものもありますが、色々とこじつけて遊んでいるところが面白いと思います。昔はなんやかやとそんなこじつけを聞かされたものです。

でも小学生に向かって「子宝に恵まれるから食べなさい」と言われても、ちょっと早すぎて実感なかったですけどね。

こじつけられない料理もあって、突然「野菜が不足するから膾(なます)も食べなさい」なんて何のヒネリもないことを言われると、これは却々食べる気にならないものでした。

いずれにしても冬休みが終わるまではほとんどおせち料理しか食べるものがなく、3が日を過ぎた頃にTVで「おせちもいいけどカレーもね」などというCMを見て、「ああ、カレーが食いたい」と毎年思ったものです。

もっとも今ではコンビニなどという便利なもののおかげで、大晦日であろうと元日であろうとカレーでもラーメンでも食い放題になってしまったので、おせち料理そのものの規模が縮小し、同時におせち料理の言葉遊びが廃れてしまうのは残念な気がします。

ところで正月の言葉遊びで最も面白いのは鏡餅です。

一番上には橙(ダイダイ)が載ってます(妻はミカンだったと主張するのですが、正式にはダイダイです)。これはまず「先祖代々」を表しています。
それから昆布が敷いてあります。昆布は他にも何かと慶事に用いられますが、もちろん言うまでもなく「よろこぶ(よろ昆布)」を掛けています。

そして最たるものは干し柿です。

鏡餅に添えられた干し柿の串には何個の柿が刺してあるかご存知ですか?

正解は10個です。端から2個、少し間を空けて6個、それからまた少し間を空けて2個----なんとこれは「いつもニコニコ(2個・2個)仲睦(中6ツ)まじく」または「外にはニコニコ、中は睦まじく」の掛詞になっているのです!

ああ、恐るべし、先人の洒落心。
世の中にたとえおせち料理がなくなっても、言葉遊びは不滅と願いたいものです。

Copyright©yama-a Jan.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ