造語と規範性と機械のあさましさ

日本語の表現には体言止めという手法があります。例えば、

  1. 沈黙は金。
  2. 一番大切なのは真心。

なんてのがそれで、本来なら「沈黙は金なり」とか「一番大切なのは真心です」とかするところを、動詞や助動詞を省いて体言(=名詞)で文を終えることによって、逆に余韻を残すというテクニックです。

どうやらこの体言止めの手法が私の脳にはかなり浸透しているみたいです。

何故そう思うかと言うと、雑誌や新聞で音楽や芸能の記事を読んでいて思わず躓いてしまうことがあるからです──モーニング娘。についての記事を読んでいる時に。

例えば、

  1. モーニング娘。が何度もメンバー・チェンジを繰り返すのは…
  2. つんくがプロデュースするモーニング娘。の場合は…

などと書いてあると、頭で解ってはいるのですが、どうしても句点(マル)のところで思考が途切れてしまいます。そこで終わりかと思ったら、直後に「が」とか「の」とかが続いていて、読んでいた私はスイスイ走っていた車が突然エンストしたような状態になってしまいます。

モノを売る商売においては、売り手は何とか新しいインパクトを付与しようとして造語を繰り返します。それがモーニング娘。のような新しい表記やプッチモニのような新しい響きに繋がる訳です。しかし、そのためにこんな厄介な文章を読まされるというのも困ったものです。

せめて前後を鍵括弧で括って「モーニング娘。」と書いてくれれば(朝日新聞が実際そう書いてましたが)スムーズに読めるのですが、実はそれもまた間違いなのです。

つまり、

  1. 「それはおかしいよ。僕はそうは思わない。」と彼は言った。
  2. 「それはおかしいよ。僕はそうは思わない」と彼は言った。

の2つの文のうちどちらが正しいかと言うと(f) が正解なのです。 一見(e) は文の終わりに句点、引用の後に閉じ括弧、と一貫しているように思われますが、記号は2つ続けないのが正しい日本語の表記なのです。

突然話は変わってしまいますが、Microsoft Word で正しくない表現を書くと、その部分に赤や緑の波状下線が現れます。あれ、鬱陶しいですよね。

意外に知らない人が多いのですが、あの波線の部分を右クリックすると、「何故その表現が良くないのか」と「どう訂正すれば良いのか」を順に示してくれます。

例えば、「まず第一に」と 書いて、そこに現れた緑の波線を右クリックすると「重ね言葉/第一に」と出ます。

「全然おかしい」と書くと「くだけた表現(全然+肯定文)/断然、非常に」と出ます。

「思ってる」の場合は「『い』抜き言葉/思っている」、「思うんだ」の場合は「くだけた表現『ん』/思うのだ」、何号か前のこのエッセイで書いた「今日は僕は魚は食べたくない」の場合は「助詞の連続」と出ます。

「まず第一に」や「全然おかしい」のケースは別として、引用などで「思ってる」「思うんだ」のような話し言葉を紙の上に書くことは実際にありますし、「今日は僕は魚は食べたくない」の場合は、以前書いたように全ての「は」に意味があるのです。ほっといてくれ、と思います。

この辺が所詮機械のあさましさ。文字通り機械的に全てを処理してしまっているのです。もちろん嫌ならその機能を外してしまえば良いのですが、私の場合は文章を推敲・校正する上で頼りにしている面もあって外す訳には行かないのが辛いところです。

ところで、どうして突然 Microsoft の話になったかと言うと、(c) や(d) のような文章を Word で書くと緑の波線だらけになってしまうだろうなと思ったからです。

ところが実際やってみると何も出ない! まさか IME2002 からモーニング娘。が辞書に登録された訳ではないですよね!?

これはこれで逆に腹が立ちます。

という訳で、私は規範性の高い文章を書こうとしていろんなものに引っかかり、Word は機械ゆえの愚かさに引っかかり、何にも囚われないつんくだけが新しい言葉を(文字通り)プロデュースし続けているみたいです。

さて、Microsoft Word、私、つんくのうち、一番正しいのは誰で一番幸せなのは誰でしょうか?


【2016年追記】 今年になってまたまた悩ましいのが出てきました。「モーニング娘。」だけでもややこしかったのに、「モーニング娘。'16」ってアンタ、グループ名の途中に句点、で、その後にアポストロフィ! これ、油断して読んでると一旦文が終わったと絶対思いますよね(笑)

Copyright©yama-a Jan.2002, Dec.2016mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious