我々の異性は女性です

「なせばなる」──小さい頃よく母に言われました。どうやら母はこの言葉が好きだったようですが、私は好きにはなれませんでした。

この言葉は本来もっと長い文章です。
「なせばなる。なさねばならぬ何ごとも。ならぬは人のなさぬなりけり」
つまり、「何でもやればできる。できないのはやらないからだ」という意味です。

「嘘をつけ! それなら空を飛んでみろ!」と当時よく思いました。

例によって私の考え過ぎなのかもしれません。母はただ私を励まそうとして言っただけであって、この表現は単に精神力の占める大きさを述べただけのものかもしれません。

実際そういう言葉で鼓舞される人もいるのでしょう。でも、私には言わないでほしい。

私にはどうしても良くない表現としか思えませんでした。特に問題なのは後半部分で、「できないのは怠けている証拠だ」なんて言うのは弱者切捨ての論理でしかないと思います。そんな言葉を押しつけられるのはまっぴらごめんです。

努力すれば何でも叶うのであれば、人は例外なく全員が一生懸命努力するでしょう。その結果、世界は今の百万倍の速度で進歩しているはずではないですか?

人が努力を躊躇するのは、努力しても報われないかも知れないからではないでしょうか? 努力する人が尊いのは、成果が得られないかもしれないのに努力するからです。

「なせばなる」なんて十把一からげに言ってしまうのは、逆に、歯を食いしばって努力を続けている人を侮辱することにならないでしょうか?

そう、「なせどもならぬ」こともあるのです。そういう当たり前の認識もないまま、ただやみくもに努力を続けるなんて、あまりにも脳天気じゃないですか。

「やってもダメかもしれないけど、ま、もう少しやってみよう」と言うほうがよほど心のこもった励ましではないでしょうか。

最近私は、他人に対しても自分に対しても、できるだけ「頑張れ」と言わないようにしています。「なせばなる」などという硬直した物言いは、却ってプレッシャーであり、人をこわばらせてしまうことがあります。「頑張れ」ではなく「リラックスして行こう」というのが、私を一番解き放ってくれる表現なのです。

「なせばなる」というのは単に無責任な精神至上主義に過ぎないと思います。


大人たちに向かってこんな風に反論すると、よく「屁理屈を言うな」と叱られたものです。

屁理屈とは何か──それは欠陥のある理屈です。

だから「屁理屈を言うな」という表現はまだましなのです。次は「私の理屈のどこに欠陥があるのか」という議論に移って行けるからです。

でも、こんな風に言われることもありました──「理屈を言うな」と。
私は「理屈を言わずして何をか言わんや」と思ったものです(もちろん子供だったのでそんな文語的表現ではなかったけれど、思った内容は同じです)。

今や理性の時代、民主主義の世の中で「理屈を言うな」と言われれば一体何を言えば良いのでしょう?──先進国の中でこんなひどい表現が許されているのは日本だけだと思います。

かつて弱肉強食の時代には、力の強い者が世界を支配しました。世界は力というルールに従っていたのです。その後には、身分などという訳の解らないものが幅を利かせた時代もありました。金をたくさん持っている者が勝つ時代がありました。そして、近代に至って、人は力とか身分とか金とか、そういうルールに従っていては良くないという判断に至ったのです。力や身分や金によって決まってしまう社会ではなく、皆が平等に納得できるような社会を作ろう──完全には実現してはいませんが、そういう理念に基づいて運営されているのが現代民主主義社会ではないでしょうか?

皆が納得するためには、議論を尽くして筋の通った論理体系を構築しなければなりません。

だから私たちは理屈を語るしかないのです。いや、世界のために理屈を語らなければならないのです。そして、その理屈に対する反論も正面からの理屈であるべきで、決して「理屈を言うな」という野蛮なひと言ではないはずです。

私は中学生の頃からずっとそんな風に考えてきました。


私が中学生の時に好きだった言葉があります。それは資生堂の男性化粧品ブラバスのCMコピーでした。

我々の異性は女性です

テレビから流れてきたこのフレーズに、私は頭を殴られたようなショックを覚えました。

それは大人たちが言う他のフレーズみたいに何かを押しつけたりするものではありませんでした。でも、それは明らかに我々に語りかけています。

押しつけていないにもかかわらず、世間の男性たちに対して、まず自分が男性であることを自覚させます。なんとなく「男なら男らしくあれ」と言っているようです。でも「男らしさとは何か」についてはひと言も触れていないので、言われたほうは自分で考えるしかないのです。

そして、「男性のほかには女性しかいないんだ」と述べています。「仲良くやれ」でしょうか「協力しろ」でしょうか。それとも「男は女を求めて当然なんだ」なのでしょうか。──その辺のメッセージも自分で読み取るしかないのです。

何も言っていないようで多くのメッセージを含んでいます。メッセージでありながら何ひとつ押しつけがましいところがありません。

私が悩み多き中学生だった頃に言ってほしかったのは、実はこういうルースでシャープなメッセージでした。

私はテレビの中から、漸くそういうメッセージを受け取ったのでした。
周りの大人たちからは決して得られなかったメッセージを。

そして今、私はテレビ局で働いています。

Copyright©yama-a Jan.2002mark

[ このテーマの続編(別ブログ)を読む]

目次へ 次号へ 前号へ