支払いとお釣りのロジック

例えば850円のランチを食べて1,000円札を出すとします。 すると、レジのお姉さんはこう言います。

「千円からでよろしいでしょうか?」

これは正しいでしょう。でも、これは?

「はい、千円からお預かりします」

これは変でしょう。「千円(を)お預かりします」でしょう?
大部分の人にとってはどうでも良いことかもしれませんが、私の場合は、こういう風に言われると、とても気になるのです。

  1. 私は850円支払うべきところだが、小銭がない
  2. 私はとりあえず1,000円札を出す
  3. 店員はその1,000円を暫定的に「預かっ」て
  4. そのうち850円だけをお店のほうで「頂戴し」て
  5. 本来客に帰属すべき釣銭150円を「お返しする」

というのが正しい手順です。

店員が「千円から」取るのは本来客が支払うべき代価850円です。この金額は店が正当に請求できるものであるので、決して暫定的に「預かる」訳ではありません。

客が払った千円札については、お釣りを返却する必要があるので、これをそのまま「頂戴し」てはいけません。あくまで「お預かりする」だけなのです。

くどいようですが、千円札を「お預かりし」て、代金を「頂戴し」て、釣銭を「お返しする」のです。

「千円からでよろしいでしょうか?」が何故正しいかと言うと、「千円から(代金を徴収させて頂くという取引方法)でよろしいでしょうか?」の省略形だからです。

「千円からお預かりします」が何故間違っているかと言うと、「千円(の中)から(850円を)お預かりします(ということは、850円についても単に預かっただけです)」という意味になってしまうからです。

「千円から頂戴します」と言われれば違和感はないのですが、「千円からお預かりします」と言われると妙な余韻が残ってしまいます。「その後どんな処理をするのだろう? ひょっとしたら全額返してくれるのかな?」と思われても仕方がないのです。

逆に「はい、千円頂戴します」などと言われると、お釣りが返って来ないような感じがして不安になってしまいます。

ところで先日1,050円のランチを食べたとき、私は生憎一万円札しか持合せがなくて、こう言いました。

「一万円からお願いします」

そう言いながら、自分でもハッとして、「あれ、この表現は正しいのだろうか?」と一瞬考えてしまいました。しかし、これは正しいのです。「一万円から(代金の徴収を)お願いします」の省略形だからです。

では「一万円でお願いします」はどうでしょう? これはちょっとはっきりしません。「一万円(をまず渡すという手順)で(その後の処理を)お願いします」と考えれば正しいのですが、

「一万円でお願いします」
「じゃあ、一万円でいいんですね(全部もらいますよ)」
と切り返されたら、うまく弁解できないような気もします。

話を戻しましょう。
私の「一万円からお願いします」に応えて、レジのお兄さんはこう言いました。

「はい、一万円からお預かりします」

なるほど、こういう風に客の言葉につられて間違った表現をしてしまう訳ですね。
これが間違いの出発点でした。

「一万円から」と言われて答えるほうも同じ表現を口にしてしまうのです。その上「お願い」と「お預かり」という入替えによって対句が成立している訳です。

ということは、もし私が「頂戴」と対句になるような漢語を持ってきてあげれば、店員もつられて「はい、一万円から頂戴します」と応えてくれるでしょうか?

どう言いましょう?

うむ。どうもしっくり来ない。やっぱり素直に「一万円でお釣りありますか」と聞くことにしようか。

でも、「いえ、一万円でお釣りはございません。千円札でお願いします」と平然と切り返されたらどうしよう?

皆さん、あまり言葉にこだわりすぎると悩みが増えて精神衛生に良くないですよ。


[追記]

この原稿はかなり早くに書き上げていたのですが、私が発表する前に朝日新聞が1月28日の夕刊に同じテーマの記事を載せてしまいました。知らなかったらそれで済んでしまうことなのに、先を越されたと知ってしまうとかなり悔しいです。

でも、あの記事の中で3人の識者が展開している分析と私の分析とでは切り口も結論も多少異なるので、そのまま発行・掲載することにしました。

ところで、悲しいことに次号に掲載予定の原稿も、実はこの記事の内容とかぶってしまっているのです。ま、いっか。

Copyright©yama-a Feb.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ