方々で聞く「ほう」の用法

難しく言うと、私は非常に規範性の高い書き手であり話し手です。

つまり、新しい表現を潔しとせず、昔からある「正しい」日本語を書いたり話したりしようとする傾向が強いということです。

最近気になるのは、若い人がやたらと「ほう」をつけて喋ることです。

マクドナルドに入ってひととおり注文すると、「はい、てりやきマックバーガーのMセットのほうで宜しかったでしょうか?」などと言われます。

まず、「宜しかった」と過去形なのは説明がつかないでもありません。つまり、「私はてりやきマックバーガー・セットと聞いたのですが、それで宜しかったのでしょうか?」という感じでしょうか。しかし、この「ほう」のほうはよく解りません。「AとBとどちらのほうが良いか」と言う場合の「ほう」ではなさそうです。

「ほう」=「方」です。従って「ほう」には方面・方角を現すと同時に目標をぼやかせる働きがあります。
「駅へ行った」と「駅のほうへ行った」を比べると、後者のほうは必ずしも駅が目的地ではありません。

「南」と言えば明確にある方向を指しています(もっとも話し言葉において「南」と言った場合、それが正確に南極点を指し示しているというほど厳密なものではないでしょうが)。
それに対して「南のほう」と言えば正確に南である必要はなく、南南西や南南東なら許容範囲だろうし、場合によっては東南東や西南西でも許してもらえるかもしれません。

彼等はこのぼやかせる意味の「ほう」を動詞の過去形と合せて敬語の変わりに使っています。

動詞の過去形のほうも実は同様に表現をぼやかせる働きを持っています。

「これで宜しいでしょうか」と言ってしまうと何だか事実を眼前に突きつけられるような切迫した響きがあるのに対して、「宜しかったでしょうか」と言えばまるで過ぎ去った昔を回顧するような優しさがあります。表現をぼやかせることは聞き手と距離を置くことになり、従って敬語の代わりとなるのです。

敬語が苦手な若い連中はこのように表現を曖昧にしてしまうことによって敬語の代用としているのです。

このことを「けしからん」と言う人がいます。「物事をはっきり言うのを避けて生きて行こうとしている」といった批判です。
ただ、これはあまりに短絡的だと私は思っています。

言葉というものは何千年もの間ずっと省力化・単純化の傾向に進んでいます。だから言葉が進化したのであって人間が退化した訳ではない、というのが私の感じ方です。

無論このことをやはり退化だと言うことはできます。ただ、それを言うなら、今まで歩いていた人間が車で移動するようになったのも一種の退化です。確かにそのことによって筋力や持久力は昔のホモ・サピエンスより落ちているのでしょう。だからといって車や機械を全て廃棄してしまうのが正しいこととは思えません。

運動の機会が減ったからと言って一生懸命ジムに通ったりジョギングをしたりしている人がいます。その人たちが車に乗っているのを見て、「お前たちは文明に胡坐をかいて退化してしまった」と言うのは正しくないでしょう。だから、曖昧な喋り方をするのを聞いて「生き方がけしからん」というのもまた間違いなのです。

若い人たちの言葉遣いでずっと問題視されているものに「出れる」「見れる」などの所謂「ら抜き言葉」があります。「れる」は5段活用の、「られる」は1段活用の未然形につくので、本来は「出られる」「見られる」とすべきところを「出れる」「見れる」にしている訳です。

これも一種の省力化です。しかし、ただ単に1音抜いて短縮したものではありません。

助動詞「れる・られる」には受身・可能・自発・尊敬の4つの意味があります。
「見られる」は「他人に覗かれる」という意味にも「見ることができる」という意味にも取れます。それに対して「見れる」を使った場合は、可能の意味であることが明白になるというメリットがあるのです。そういう訳で5段活用の動詞だけでなく、カ行変格や上1段・下1段活用の動詞も可能動詞化するのです。

このことは、言葉が全般として合理化の傾向にあるということの一例であると思います。言葉は単に崩れるのではなく、それなりのメリットを獲得しながら崩れて行くのです。

だから重ねて言います。言葉が進化したのであって人間が退化した訳ではないのです。

などと言いながら、私自身は決して「ほう+過去形」や「ら抜き言葉」は使いません。言葉は一方で生活様式の一部でもあるのであって、これらの表現は私の生活様式にはマッチしないと感じるからです。

言葉は基本的に個人の持ち物であると思います。

Copyright©yama-a Feb.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ

[追記]

ヨドバシカメラのマルチメディア梅田店前の横断歩道は、馬券売り場が近いこともあって土日はものすごい混雑です。常に警備員がいて交通整理をしているのですが、そのうちの一人がマイクロフォンを片手にこう言いました。

「高速バスのほう、曲がってまいりますのでご注意下さい」

私は、高速バスの方向に何が曲がってくるのか、一瞬考えてしまいました。 この「ほう」は良くないでしょう。この文脈なら方向を表す「ほう」だと思うのが当然ではないでしょうか?

[ このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Feb.2004mark